忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
2013/10/01 (Tue)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。


今朝の朝ご飯も残した。
今度は、手であげても、ドッグフードは食べない。
良い感じはしない。



床擦れじゃないか、と疑っている皮膚状態だが、一番酷いのは、顎の下。
手足は、オリーブオイルを塗って、良くはなっていないけど、悪くもなっていない、という感じ。

顎の下だけは、明らかに悪化している。

さて、床擦れだとすれば、極力床に着けない様にしてやるのが良いだろう。

我が家では、常時室内完全フリーなので、寝床が決まっていない。
思い思いに、その時々に、気が向くままに、寝床を決めている。
ベッドを買っておいてやろうか、とも思ったけれど、ベッドで寝てくれるかどうかが先ずは疑問。

そこで、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)と巨大食道症と闘っている、うにちゃんを参考にさせてもらおう、と思い立った。

もふlog.

巨大食堂症の吐き戻しの症状を予防する為に、100均のネックピローで、頭を支えてあげている。
この方法、姫にも有効なのでは!?

いそいそと100均に探しに行ってみたけれど……あいにくと、ビニール製で空気で膨らませるネックピローしか無かった。

ハシゴする程の時間的余裕は無かったので、止む無く、当座はそれで。
薄手のスカーフで首に巻いてみる。



とりあえず、顎は浮くから、床擦れ的には有効かも。
かーなーりー、邪魔そうだけど σ(^◇^;)
引っかけたりとかが心配なので、こまめに様子を見てあげられない様な時には、使用出来ない。

でも、放っておくよりは、良いのではないか、と思う。

獣医さんも、姫が嫌がらないなら良い、と了承してくれたし。
(嫌がる子だと、それだけでストレスになってしまうので、本犬が嫌がっている場合には、別の方法を検討する様に、との事)



で、肝心のIMHA発症後、89回目の血液検査の結果。

項目 基準値 9/2 9/24 10/1
WBC 白血球 60~170  102/ul 271 191 564
RBC 赤血球 550~850  104/ul 459 353 231
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 12.0 9.3 5.6
HCT 赤血球容積 37~55  % 37.2 27.3 16.8
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 81.0 77.3 72.7
MCH 19.5~24.5  pg 26.1 26.3 24.2
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 32.3 34.1 33.3
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 51.7 62.0 54.1


全く、下げ止まりません。
姫がIMHAを発症して以来、最悪の数値です。

その割に、発症当初とは雲泥の差で外見だけは元気です。
診察後のご褒美オヤツもモリモリ食べたし。



副作用のリスクも怖いけれど、それは、まずは命が有っての話だから。

姫の場合は、造血はしている。
造血よりも圧倒的に溶血の方が勝ってしまっているだけ。

なので溶血を止める事が、今の最優先事項。



と、いうわけで、ステロイドパルス療法を再び。
ステロイドの持つ炎症を抑える効果を利用した治療法で、短期間に高用量のステロイド剤を投与することによって、危険な状態からの緊急脱出を図ります。

今日、ステロイド剤と、(高用量ステロイドで胃腸が荒れるので)胃腸薬とを注射で。
明日は病院が休みなので、飲み薬を現在の倍量に。

あとは、木曜日の血検結果次第。

ステロイドにしっかり反応してくれるなら、きっと改善傾向は見て分かる程だろう。
発症当初のV字ターン回復は、ちょっと感動的な程だった。

そうした傾向が見られるなら良し。

あまり変化が無い様ならば、いよいよ輸血を考えます。
念の為に、木曜日は朝ご飯を抜いて、ハチを同伴して受診予定。
クロスマッチテスト次第だけど、マッチすれば、ハチから血を分けて貰います。

姫の大きさになると、100~150cc程も、献血して貰う必要が有るそうで。
ハチは大人しくできる犬ではあるけれど、採血量が多い為に時間が掛かるので、動いて血管を傷付けては大事。
その為、弱く鎮静をかけた方が良いだろう、と。
ご飯を食べて間もなくだと、嘔吐するかもしれないので。



因みに、10月末が、本来のハチの混合ワクチン接種時期なんだけど……
献血量が多い事も有るし、心的なストレスも考えると、ワクチン接種と献血は、前後2週間ずつは開けるのがベスト、だそうです。

状況次第で、スケジュールは激変しそうです。

回避出来れば良いなぁ……



ステロイドが効いてくれる事を期待して、あとは血を造る助けに、美味しい物をたくさん食べさせてあげてね、との獣医さんのアドバイスもあって。

本日の姫の晩ご飯は、完全生食。
どうせ、残すのはドッグフードからだし。

いつもより細かく刻んだ肉と温野菜とヨーグルトにヤギミルク。
用心して少なめに用意した分を完食してくれたので、更に肉を追加。
かなりガッツリ食べてくれた。



なんか、大丈夫かも♪



最前線で闘うのは姫本犬で、誰も替わってあげられないんだけど、闘っていける様に後方支援をしてあげる事はできる。
つくづく、生食にしていて、良かった。

姫の場合、具合が悪くなってきて、真っ先に食べなくなるのがドッグフード。
そうなっても喜んで食べてくれる物が有る現状は、ありがたい。

大丈夫、まだ闘える。
頑張ろうね。





おまけの、今朝のハチ。
例によっての “収容所状態”



このままチームで狩りに行けそうな面子だ ( ̄∇ ̄)



更にオマケ。



その緑地公園の駐車場の植え込みで。

……きっと、車に乗るのに靴を履き替えて、そのままお忘れになったのだろう、と推測は出来るんだけどね………… σ(^◇^;)





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[11回]

PR
2013/09/30 (Mon)
免疫抑制剤を増やしてから明日で1週間。
目に見えての変化は特に無いように思う。
もっとも、薬の効果は一泊遅れで出てくるのが、これまでの通例だから、焦りは禁物。
目に見えて悪化してないならば御の字……



と思っていたが。
今朝から、ご飯を食べる速度が落ち。
夜ご飯ではドッグフードを少量残した。
まだ手で差し出してやれば、残した分も完食出来るレベルだけど。
肉・野菜の類いは、ちゃんと食べてくれてる。
多少、選り好みが出て来た程度。
デザート、オヤツはガッツリ食べてるしねぇ ( ̄∇ ̄)

全く大した事では無い……と思いたい。

明日の検査結果次第。



皮膚の状態もよろしくない。
ふと、思い付いた。
もしや、これも床擦れか!?
これも、明日は訊いてこよう。





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[7回]

2013/09/29 (Sun)
関節炎で酷いビッコをひいていた姫ですが、大分落ち着いてきている様子。

日曜日で父ちゃんも居るし。

本当は、お散歩控えた方が良いんだけど……
お散歩大好きっ子が引き籠もりは辛いよね。
バギーに乗せて、いつもお友達がたくさん集まる場所でも、今日は降ろさないで。

制限増してるけど、それでもやっぱり、散歩に出掛けると、姫は楽しそうな顔をしてくれるから。



こんな顔見せられたら、たまに、だろうと連れてかないわけにいかないじゃないねぇ?



因みに。
今の時期だと、道程の1/4位の所で、奇麗な夕日が見れたりします。
(前日撮影。今日は雲が多すぎ……)



で、みんなと遊べる所では薄暗く。
帰る頃にはまっくらけ。

それでも、姫は大層ご機嫌。
帰ってからも、ニコニコ。

やっぱり、この顔が良いな~。





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[6回]

2013/09/26 (Thu)
今日は涼しかった!
台風の影響による一時的なものらしいけれど、夜はぶっちゃけ、肌寒い!

さておき、そろそろ秋の景色を楽しめる頃となってきまして。
そうすると、写真を撮るのに、いつものお散歩用コンデジでは物足りない。
(携帯するには、コンデジの方が嵩張らなくて……なにせ、散歩には飲み物が必要。
朝は公園だからランの水道で犬用は賄えるから500ccペットボトル+人間用。
夕方の河川敷では補充出来ないので、犬用1.5ℓを持参+人間用。
重いんです。
この装備に+デジイチはちょっと……)
でも、こんだけ涼しかったら、朝はランまで水無しでも大丈夫だろ!

と、いう事で、水を減らしてデジイチ持って行ってみた♪

こーいう写真は、やっぱり、コンデジでは無理。



(白い彼岸花)



(赤い方も)





因みに撮影中は、ハチは木の枝囓ったりしながら、まったりノンビリ待っててくれます。





で、いつものランでは、今日も 『どこの収容所!?』 な光景が (@^▽^@)



今日は涼しいから、走るよ! 遊ぶよ~~~~~! (@^▽^@)



それにしても風が強くて、砂埃がものすごい!
「め、目が~~~~~(/_;) 」
風に加えて、複数の大型犬が猛然と走り回って蹴立てる砂が、舞い上がる!
(゜Д゜;)

そんな事は知ったこっちゃない犬達は、非常に快適に楽しそうに遊び回っていたけれど…… (^_^;)

で、めいっぱい楽しんで、ついでにワンズのご飯用のお肉などを買いに寄って……
お昼頃に漸く帰宅 σ(^◇^;)
(ちょいとノンビリしすぎた……)



すると……



朝は何とも無かった筈の姫の歩き方が何かおかしい……!?

え、もしかしてビッコひいてる?

最初は気のせいか?
という程度だったのに、時が経つに連れて、明らかに酷くなって。
2時間もする頃には、疑いようも無くビッコをひいていて、私でもじっくり探せば、熱持ってる箇所がわかる。
左前足、人間で言えば手首辺り。
(獣医さんはもっと簡単に、腫れて熱持ってるね、と探し当てる。
ぶっちゃけ、熱はわかったけど、腫れはよく分からなかった母ちゃんである……)



(-_-;)Sigh



またまた病院へ走ります。
例によって、の関節炎。
筋力衰えてしまっているので、どうしても関節に負担が掛かって、こういったトラブルは仕方ない部分ではある。

消炎鎮痛剤の注射を1本と、取り敢えず3日間の投薬で様子見します。
発症直後なので、これで押さえ込める……予定……



本犬は至って能天気です。



本日も病院でご褒美オヤツたんまり貰って、ご満悦♪

ふぅ……
病院に通いすぎだろ……

でも同じ生きているならば、少しでも苦痛は無い様に過ごさせてあげたいもんね。
根本的に治してあげるのは無理な部分でも、苦痛を緩和して、上手に付き合っていく事は可能だから。
頑張りましょう。





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[6回]

2013/09/24 (Tue)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。

食欲は有る。

もう、その勢いたるや、 『野生のエルザ』 だの 『ピラニア』 だの好き放題に呼ばれる程。



(昨日撮影)
鹿の足の骨(焼いてある)だって、病気の老犬のくせして、いまだに噛み砕けるだけのパワフルさも有る。
この通り。



※注意:この位の中途半端に大きめな欠片は、丸呑みしてしまう危険が有るので、勿体なくても即座に回収して捨てます。



なんだけど……

一昨日は散歩後の足を水洗いしてタオルドライしているだけで、足のハゲちゃんの部分から出血。
口周りの肌の状態も良くないし。
(唾液の所為だろうから、マメに濡れタオルで拭いているんだけど……)

玄関の段差を乗り越えられないとか階段を踏み外すのは筋力の問題だとしても、2階に上がるまでに息切れして途中で休憩してる。

イビキも大きくなって来ている。

顔色も、そろそろ、光の加減とか気のせいでは無い位には悪いと思う。



……でも、食欲は凄いよなぁ……?
(夕べもシフォンケーキをあげる指ごとガッついてたし ( ̄∇ ̄;) )





と、うだうだ悩んでいても仕方ないので、次回通院予定日まで1週間以上残してるけど、病院へ。
迷った時は、行くべし!





IMHA発症後、88回目の血液検査の結果。



項目 基準値 8/6 9/2 9/24
WBC 白血球 60~170  102/ul 153 271 191
RBC 赤血球 550~850  104/ul 494 459 353
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 14.1 12.0 9.3
HCT 赤血球容積 37~55  % 39.2 37.2 27.3
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 79.4 81.0 77.3
MCH 19.5~24.5  pg 28.5 26.1 26.3
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 36.0 32.3 34.1
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 55.3 51.7 62.0


予想以上です…………

なんと、姫がIMHAを発症して以来2年と8ヶ月の検査記録の中で、発症当初の3日間に次ぐ、ワースト4位な低値です。

ウチは発見が早くて、診断が付いた日の一番低い時でも、ヘマト24.4%。

この病気の子達の記録からすれば、この時点でも、まだまだ余裕が有る方。
もっと低値で安定していてなお、元気にしている子達も居る。

それでも、その時は初めての突然の貧血だった所為か、その数値でも、呼んでも顔も上げない程に、ご飯はスープをスポイトで強制給餌しないといけない程に、意識は朦朧としていた。



その点、今回は……
貧血状態も馴れるものなのかね?

今日もハチの分のご飯を横取りしようと虎視眈々と狙う位、食欲旺盛。
ゼーハー息を切らせながらも、冷蔵庫が開く度、なんぞ自分達のオヤツが出てくるかも、と飛んでくる。

なんやかやで、ちょろちょろと、動き回ってます。

数値の割には元気。

検査機械、壊れてませんか?
って思える位 (な訳無いけど ( ̄∇ ̄) )

なので、なんとな~く、微妙に暢気に見てられてます。



心底、食べられるって、素晴らしい。
姫の体はまだ、病気と闘う為の栄養を欲している証拠。
まだ、闘える、という事。

それを確認出来る事は嬉しいね。



しかし、思い返すと……

目を怪我して、外傷性の緑内障になって眼圧を下げる薬の副作用で低カリウム血症に陥ったが故に、尿路結石の療法食を中止。
ほぼ同時期に半・生食生活開始。

以降約半年、食べムラが出たのが1回のみで、全く口を付けなかった事が無い。
今回も現時点では、全く食欲に衰え無し。

……療法食、やっぱ美味しくなかったのかな?
これぞ、怪我の功名?



ともかく、今にすぐにどうこうなる数値ではないけれど、これ以上下げたくないのは確かなので、増薬します。

増薬候補はステロイドか免疫抑制剤。
でも、ステロイドによる副作用が既に厳しい状況なので、どっちが無難かと言えば、免疫抑制剤の方だろう。

と、いうことで、



肝庇護剤:グルタチオン100mg錠 各1錠 朝・晩
胃薬:サイトテック 各1錠 朝・晩
増薬 免疫抑制剤:イムラン(アザチオプリン)各1/2錠(朝のみ→朝・晩)
ステロイド剤:プレロン錠 2錠1日1回(朝のみ)
抗生剤:バイトリル150 1/2錠 1日1回(晩のみ)
抗生剤:シンプリセフ錠100mg 1錠 1日1回(晩)
眼圧下げる薬:ダイアモックス1/2錠 1日置きで1日1回(晩)

抗炎症ステロイド点眼薬:ステロップ 1日1~2回
高眼圧症治療剤:チアブート点眼液 1日3回ほど
イヌ老年性初発白内障進行防止剤:ライトクリーン 1日2回
(他の目薬から、約1時間程の間隔を開けて、点眼)



ところで、どうやら、ハゲちゃんからの出血は、貧血の影響の可能性が大、だそうだ。
これだけの貧血状態に陥ると、末端にまで栄養が行き渡らない。
(食べられて体重を維持出来ているのとは別に、貧血で血流が悪くなっている影響)
元々皮膚状態が良くなく自浄効果も弱くなっている所に、栄養不足が追い打ちを掛けているのだろう、と。

日曜の夜の出血だったので、手足の傷には思い付く限りで一番無難そうだった白ワセリンを塗ったけど……口周りに塗るのは、やはり抵抗がある。
絶対に口に入るよね……?

で、どうしようか、と訊いてみたところ。

やはり獣医さんも口周りにワセリンはちょっと……と。
でも、保湿はしておいた方が良い。

で、植物油を塗る事を勧められました。
食用油なら、口にするのに何の心配も不要。
保湿は勿論、油膜は外部からの雑菌に対するバリアにもなる。



ちょっと目から鱗……と、いうか………………

何で思い付かなかったんだ!?
って、自分でビックリする位、思い付いても良かった案じゃない?

かつては各種クリーム類まで手作りしてみたり。
(美味しそうな匂いらしく、塗ったそばからワンズに舐めまくられて、クリームがよだれパックに入れ替わりカピカピになってしまうので……止めました)
今でも自前で石けんを作ってるわけよ。

傷や炎症ややけど等々に塗られている種類のオイルも有る、等の情報を元に、使用オイルを選択して来ていて、我が家には、色々なオイルが揃ってる。



……ナンで、思い付かなかったんだ!? (゜д゜)

ククイナッツ油、ローズヒップ油、ホホバオイルが良いけど、生憎とこれらは食用油で購入してない。
口周りに塗るのが前提だから、今回は避けよう。

今日の所は米油で試そう。
次点マカデミアナッツ油かな~♪

※パッチテストとして少量薄く塗って30分程様子を見ます。
赤みなど、異常が出る様なら、拭き取ります。
問題無ければ、使用可。
個々で、合う合わないが有るので、導入の際は、気を付けて下さい。





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[4回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]