忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11
2011/02/10 (Thu)
自己免疫性溶血性貧血と闘う愛犬 姫の日記です。
 
 
今日は通院の日。
病院はさほど嫌いでもなかった姫たも、流石に今日は診察台で震えてました。
毎回必ず注射針刺されるのが嫌なのね。
でも大切な事だから、もうちょっと、我慢してね。
 
 
血液検査の結果は以下の通り
4月は健康診断の時の数値(毎年フェラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)
項目
基準値
4月
02/03
02/10
WBC 白血球
60~170  102/ul
112
184
208
RBC 赤血球
550~850  104/ul
651
386
433
HGB ヘモグロビン
12~18  g/dl
17.1
9.0
10.7
HCT 赤血球容積
37~55  %
53.2
29.9
33.5
MCV 平均赤血球容積
60~77  fl
82
77.5
77.4
MCH
19.5~24.5  pg
26.3
23.3
24.7
MCHC 血色素濃度
32.0~36.0  g/dl
32.1
30.1
31.9
Plt 血小板
20.0~50.0  104/ul
50.4
55.1
57.3
GPT AST (肝機能)
17~78 U/L
 
 
397
ALP アルカリフォスターゼ(胆道)
47~254 U/L
 
 
1028
 
新しい血は順調に出来てきている様です。
体重も11.2kgと、ほぼ、元通り。
ご飯のあげ方をまた変えないとね!
 
さて、心配されていた炎症反応は綺麗になくなりました。
かわりに、ステロイドの副作用で肝機能等の数値が跳ね上がりました。
 
と、いうわけで、いよいよステロイドを減らしていきます。
 
ステロイドはいきなり止めると逆に副作用が一気に出て危険な為、徐々に減らす必要があるのだそうです。
効果は大きいけど、それだけに難しいお薬なんですね。
 
ともあれ、ステロイドは1日2回→1回になります。
この場合、夜の方が副作用が大きいそうで(理由は訊き忘れた)朝に飲ませるのが良い、との事。
 
週一で血液検査をしながら経過を観察してゆきます。
 
 
 
この病気について勉強させて戴いたサイトさんで、いくつも症例を紹介してくれていたので、この辺は予習済み!
肝機能やALPの数値上昇も想定範囲で、慌てず騒がずでお話を聞けました。
ありがたかったなぁ。
 
 
因みに、そのHPはこちらです。
幸せのしっぽのために
 
ペットの病気を総合的に解説してる専門的なHPだとサラッとした紹介になっちゃって、実際の闘病の参考には、あまりならなかった。
とっかかりとして「あ、そんな病気なんだ」というのでは役に立ったし、サイト趣旨としても多分、それで正解なんだろうけど。
 
その点、こちらのHPは実際に闘病を経験された飼い主さんが、運営されてます。
生の闘病の記録を拝見できるので、『今まさにどうなんだ!』っていうのが、わかります。
 
『犬の貧血』というキーワードでこのブログへ来て下さる方もいらっしゃいますが、ぜひ、上記のHPもご覧下さい。
 
 
 
さてさて。
姫たは、以前からアトピー持ちです。
免疫抑制してるので清潔な環境を心懸けて、というのとは別の観点からも、清潔に保つ必要があったりするわけです。
 
だから病気発症前から、病院で買ったシャンプーで2週間~最低でも1ヶ月に1度は、お風呂に入れる。
本犬はお風呂、嫌いなんだけどね。
冬は飼い主もできれば入れたくないんだけどね(笑)
風呂場、寒いんだもん。
飼い主はTシャツ1枚でガタガタ震えながら犬のシャンプーして、あげくに風邪をひいたこともある。
 
溶血性貧血が発症してからは、当然お風呂どころでなく。
ようやく本日訊いてみた。
 
シャンプーはどうしましょう?
 
当然ながら、まだダメです!
との回答。
赤血球がもうちょっと増えてからにしましょう、だそうです。
 
良かったねぇ。
シャンプーのペースは元々獣医さんの指示だったんだけど、当の獣医さんのお墨付きで堂々とお風呂免除だよ(笑)

姫たん、がんばれ! でポチっと、お願いします。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご紹介、ありがとうございます。

いつか姫ちゃんのページも、作らせてくださいね。
もちろん、希望の星として。

misa URL 2011/02/11(Fri)22:56:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]