忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7
2011/02/03 (Thu)
自己免疫性溶血性貧血と闘う愛犬 姫の日記です。
 
 
今日は通院の日。
血液検査の結果は以下の通り
4月は健康診断の時の数値(毎年フェラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)
項目
基準値
4月
01/29
02/03
WBC 白血球
60~170  102/ul
112
133
184
RBC 赤血球
550~850  104/ul
651
390
386
HGB ヘモグロビン
12~18  g/dl
17.1
7.9
9.0
HCT 赤血球容積
37~55  %
53.2
27.9
29.9
MCV 平均赤血球容積
60~77  fl
82
71.5
77.5
MCH
19.5~24.5  pg
26.3
20.3
23.3
MCHC 血色素濃度
32.0~36.0  g/dl
32.1
28.3
30.1
Plt 血小板
20.0~50.0  104/ul
50.4
33.1
55.1
 
順調に回復してきてます。
どうしても赤血球関連は遅れがちだけど、それでもじわじわと。
 
本犬はすっかり楽になってきたみたいで、昨日からはアリスのご飯を横取りしに行こうと隙を伺い始めた。
勿論、アリスのではなく、監視人の。
 
ガツガツと自分の分のご飯が終わると、監視人とアリスを回り込んで、反対側から鼻を突っ込もうと……
 
少しは知恵をつけたらしい。
甘いけどな。
 
それでなくても日に倍の回数を食べててアリスは拗ねてるんだから、これ以上刺激してくれるな。
 
因みに体重はほぼ変化なし。
1回当たりの食事量は少し減らしてあるとはいえ、1日の総量は確実に増えてるのに。
散歩も殆ど行ってないのに。
 
獣医さん曰く、
「それだけ回復するのにエネルギーが要るってことなんだよね。悪くなるのは早いけど、元に戻るのは時間がかかる」
だそうです。
 
 
ともかく。お薬は同じ物を継続。
1週間。
これで来週また血液検査。今度は項目を増やして、他の結果も見てから、薬の種類を検討するとか。
投薬前の血液検査では炎症反応が出ていたので主にその辺をチェックしたいみたい。
 
現在使ってる薬
 
分類
薬品名
1日
1回
ステロイド
ホルモン製剤
ペレドニゾロン錠
2回
1/2
胃薬
消化器系作用薬
ストマルコンD錠
2回
1錠
抗生物質
抗菌薬
オーグメンチン錠
2回
1錠
 
 
 
ところで。
昨年ワクチンを打ったのが、2月末。
直に1年が経ってしまうので、そろそろ接種を考えねばならない時期なのだが……
 
当然、姫は無理だそうです!
少なくとも投薬治療が終わるまではダメだって。
 
同居犬のアリスはどうしましょう?
 
有効期間が1年だと言っても、そこでいきなり切れるというものではないので、姫さんと一緒にズラして構いません。
 
だ、そうです。
 
幸い、姫の爪切りは病院でやってくれるし、アリスの爪は家で大人しく切らせてくれるし(仰向けで爪切りさせてくれる)シャンプーもウチでしてるし。
預ける予定も、ドッグラン行く予定も無い。
ワクチン証明が必要な用事は一切無いから、今の調子で姫が回復してくれれば、急ぐこともないでしょう。


↓姫たん『がんばれ!』で、ポチっとお願いします!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]