忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12
2011/02/11 (Fri)

バレンタインが間近に迫ってまいりました!
そこで、チョコレート菓子、第1弾。
ただし、ワンちゃんには食べさせないで下さいね(^O^)
今回は人間が楽しむための日記です。だって、バレンタインだもん!
チョコ大好きv
大変な毎日に、甘い癒やしも必要です!(多分!)


なめらかショコラ、簡単アレンジバージョン。

トローリとプリンみたいなお菓子です。
とっても簡単。


★材料(プリンカップ9個分)
製菓用チョコ  200g(こまかく刻む。もしくは砕く)
生クリーム・牛乳  各250cc
ブランデー  大さじ1

※チョコレートの種類はお好みで。
私はビターとミルクを2:1でフードプロセッサーで砕いたものを瓶詰めして、冷蔵庫に常備していたりします。
ふとホットチョコとか飲みたいなー、とかいう時に便利なので。
因みに、包丁で刻むより、フードプロセッサーが断然お勧め。
板チョコを使うならば、包装紙のまま、シンクなどに叩き付けて砕くというのも、有りです。(フーディーズTVでやっていた!)
 
★作り方
(ヤカンでお湯を沸かします。オーブンを160℃で予熱します)
① 手鍋に生クリームと牛乳を入れ、沸騰手前まで温めます
② ①にチョコレートを入れ、溶かし混ぜます
③ ②にブランデーを入れ、よく混ぜます
④ ③をプリンカップに注ぎ入れ、天板に並べたらオーブンへ。少しだけ外へズラした天板へ(カップに入ってしまわないように)湯を張ります。
⑤ 160℃のオーブンで30~40分、湯煎焼きします
⑥ 冷めたらラップをかけて、冷蔵庫へ

※そのまま食べても良し。生クリームやフルーツを乗せてチョコレートソースをかけるなどしても良し。
IMG_1961.jpg

今回は写真用にわざわざ、飾ってみました。
私は基本ぶきっちょなので、デコレーションが大の苦手だ!
だから、普段はまず飾り付けない(笑)
それでも十分だと、思います。
簡単なので、是非。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
[02/21 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]