忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3
2011/01/29 (Sat)
本日の血液検査の結果
4月は健康診断の時の数値(毎年フェラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)
項目
基準値
4月
01/28
01/29
WBC 白血球
60~170  102/ul
112
90
133
RBC 赤血球
550~850  104/ul
651
374
390
HGB ヘモグロビン
12~18  g/dl
17.1
8.0
7.9
HCT 赤血球容積
37~55  %
53.2
26.7
27.9
MCV 平均赤血球容積
60~77  fl
82
71.4
71.5
MCH
19.5~24.5  pg
26.3
21.4
20.3
MCHC 血色素濃度
32.0~36.0  g/dl
32.1
30.0
28.3
Plt 血小板
20.0~50.0  104/ul
50.4
21.2
33.1
 
赤血球の値は徐々に回復してきました。
体重もどうにか維持できているので、お注射は今日で終わり。
あとは飲み薬で様子を見ましょう、と言ってもらえました!
 
今日も注射針に抵抗を見せたけど、次の木曜日までは解放されます。
 
因みに処方されるステロイドと抗生剤はかなり強い薬ですが、最低1週間は今の濃度で薬が必要だそうです。
それ以降は状態を監視しながら徐々に薬を減量していけるとの事。
それでも、最短1ヶ月くらいは数日置きの通院が必要で、大変だと思いますが……と飼い主の方の心配もして戴きましたが。
 
なんの、それしき!
 
死ぬかもしれないと思っていた時は悪い結果を聞くのが怖くて、病院へ行くのにもビビってたけど、姫はがんばった!
良くなるんだと思えば、どうという事は無い。
 
その他注意としては、新しい血をどんどん作らなきゃいけないので、今はとにかく食べさせて、体重を元に戻すこと、だそうです。
 
 
 
幸い、みるみる食欲が戻ってきてるので、問題ないでしょう。
 
待合室へ出た途端に看護師さんにじゃれ付き、
「良かったねぇ! 一時はどうなるかと思ったけど、もう食べれるの」
と撫でくりされ、早速ビスケットをもらって食べてるし。
 
まだ選り好みをする程度には、食欲不振だけどね。
病院でもらった缶詰も、高栄養のは食べるけど、高消化のは食べない。
 
「あの缶詰、人気があるんですけどねぇ……?
『これ以外食べてくれなくなっちゃって、通常食に戻せないわ』
って言いながら買いに来る方も居ますよ。
そういえば病気したワンちゃんって、人間と同じでちょっとワガママになったりしますよねぇ」
 
ウチでは考えられない。
だって、うかうかしてると同居犬に取られるから。選り好みしてたら食べる物無くなっちゃう。
多分、体調さえ良くなれば、その辺も元に戻るであろうと予想される。
 
「あぁ、わかります、ウチもそう。というか、多頭飼いの家の子は大体そうらしいですよ。
でもソレも良い点が有るんですよ!
普段から食べたり食べなかったりって子だと、『あぁ、またか』って、暫く放っとかれちゃったりするんですけど、いつもガッついてる子達は食べなくなると『何事だ!?』って飼い主さんがビックリして、すぐ病院に連れて来てくれる場合が多いんですよ。どんなでも発見が早い方が治りやすいですから」
 
などと笑って雑談できる余裕も出てきた。
 
 
と、いうか。
土曜で旦那ちゃんも一緒だったので、帰りは運転を代わってもらうべきだった、と後悔したね。
 
帰る途中で、安心しすぎて嬉しさのあまり、泣けて泣けて……
ぼろぼろ泣きながら、何とか無事に帰り着きました!



↓姫たん『がんばれ!』で、ポチっとお願いします!

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]