忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493
2013/10/03 (Thu)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。


発症当初みたいなV字ターン回復を期待していたけれど、今回はステロイドへの反応も鈍いらしい。
昨日は生肉には朝に少し口を付けただけで、殆ど食べず。
コンナ時の為に作り置きしておいたミートローフは、まだちゃんと食べてくれる。
(材料:肉、野菜、おから、卵なので、栄養バランス的にも、かなり良いのでは!?)
あと、バナナ。

偏ってはいるけれど、結構な量を食べてくれたので、今は良しとしよう。



そんな感じなので、輸血は避けられないだろう、と諦めて、ハチと共に病院へ。





で、肝心のIMHA発症後、90回目の血液検査の結果。

項目 基準値 9/24 10/1 10/3
WBC 白血球 60~170  102/ul 191 564 458
RBC 赤血球 550~850  104/ul 353 231 182
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 9.3 5.6 4.3
HCT 赤血球容積 37~55  % 27.3 16.8 13.1
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 77.3 72.7 72.0
MCH 19.5~24.5  pg 26.3 24.2 23.6
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 34.1 33.3 32.8
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 62.0 54.1 48.0


当たって欲しくないけど予測通りだったので、すぐにハチも少量の採血して一般検査と姫の血とのクロスマッチテスト(血液交差適合試験)
問題無かったので、鎮静剤打つとこから35分くらいかけて、採血。
(これくらいなら、ハチなら鎮静無しでも大人しく出来る様に思う)


数値が数値なので、結局、ハチには頑張って貰って、200ccを輸血。

獣医さんからも看護師さん達からも、今日1番頑張ってくれたのはハチだ!
と。
鎮静剤打っちゃってるので、残念ながら病院でご褒美オヤツは貰えなかったけれど、今夜は精の付く美味しい物をしっかり食べさせてあげて下さい、と言ってもらってきました。

立てるけど、フラフラしているハチの姿は……ウチに来た当初を思い出すわぁ…… (^_^;)
なんか、よったらよったら……
でも、車には飛び乗れた。

帰宅後は、グッタリとお休みです。

朝とは逆に、姫の方はちょっと表情がハッキリしてくれた。
輸血の効果だ。



これに刺激されて、溶血止まってくれたら最高なんだけどなぁ……

因みに、姫は両腕、毛を刈られちゃってます。
実際に輸血に使ったのは片方だけみたい。

対してハチは、両腕から採血してますが、毛は刈ってません (@^▽^@)

刈るかどうかは、毛量の差なんですね~ ( ̄∇ ̄)



2時間くらいはフラフラするよ、との事だったんだけど……
ハチ、どうやら、薬が抜けるのに時間が掛かる質らしい……

夕方になっても、ぼ~っとして、ヨタヨタ (;゜ロ゜)

一応散歩にも出掛けてみたが……1Kmと行かないウチに立ち止まってしまい、引き返すことに ( ̄∇ ̄;)

ご飯はめっちゃ食べたけど(特別な日の完全生食!)それ以外はグッタリ寝っぱなし……



……うん。
次の機会が有ったら、やっぱり鎮静剤は止めて貰おう。





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
二匹ともよく頑張ったね。
姫ちゃん、早く回復しますように。
バンサー世話係 URL 2013/10/04(Fri)02:10:31 編集
Re:無題
ありがとうございます。
何より、今朝の皆の励ましの言葉が、心強いです。

家族で前向きに頑張ります。
【2013/10/04 21:47】
がんばったね
ウチのかかりつけ医からも「再発時の輸血は前回のような効果が出るかわからない(難しいかも)」と言われています。
ガンマガード・ステロイド注射・免疫抑制剤・点滴など考えられる全てを最初からやったので(普通は費用の問題からコレがダメなら次の手をという飼い主が多いらしい)何が効いたのか分からないけれど速攻に効くのは輸血らしいから、輸血初めての姫ちゃんに劇的に効きますように!

鎮静剤はこわいね。
ハチちゃん本当に頑張ってくれた・・・
マロンは長毛だから輸血のためにお腹をバーっと刈られて皮下出血が痛々しかったな。1ヶ月くらいで次回輸血ができるようになるって言われました。

再輸血が必要になったときのために、うちもシェルティや大型犬のワンコ仲間が輸血をたくさん申し出てくれてありがたかったです。姫ちゃんもたくましい仲間がいっぱいいるからよかったね。

どうか昨日より今日がもっともっと元気になれますように。
心から祈っています。

ふらりん 2013/10/04(Fri)05:00:34 編集
Re:がんばったね
大型犬仲間の存在は、本当に有り難いです。

輸血って、結局は時間稼ぎの手段ですから、その間に溶血を止める手立てを打たなきゃならないんですよね。
それが上手くいかなくて、ついつい弱気になってしまう事も有るけれど……

「大型犬軍団が、列為して控えてるんだから、大丈夫だよ!」

って、皆が励ましてくれるんです。
供血犬探しに奔走する人がたくさん居る中で、とてつもなく恵まれてます。

前向きに頑張ります。
【2013/10/04 21:57】



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]