忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623
2014/08/06 (Wed)
座談会から早1週間、の8月3日は、動物霊苑でのお盆法要。
(↓ 霊苑の近所での光景)



父ちゃんが独身時代に飼っていたハイジとペーターのお墓に、アリスと姫も、現在同居させてもらってます。

姫にとっては、初盆。

まぁ、あの子達なので……
お参りして言った事と言えば、
「食べ物に釣られてアチコチ寄り道せずに、真っ直ぐに帰ってこいよ~。
はぐれずに、みんなで一緒にね!」

勿論、ふらりんさんから戴いたお土産に添えて戴いたメッセージも、忘れずに伝えておきました!



病気で苦しむ子達が、少しでも辛くない様に、見守っていてね。



さて、免疫介在性溶血性貧血闘病座談会。
(↓ 奇跡の集合写真。一応、全員のお顔がちゃんと映っている!♪)



一番後方で椅子の影に居るのが、アルクル家の次男坊、クルーガ君(まだまだパピーな10ヶ月)
ハチの隣に居るのが、この日の主役の1匹でもある、アルクル家長男のアルテ君(貫禄の6歳)
闘病生活は4年。

並んだシェルティーがフラマロ家。
椅子側がマロン君(小さな体で200ccもの献血をした、とってもタフな、もてなし王子。3歳)
そして、フラン君(集まった中では年長者の7歳)
発症から丁度1年。
1年を生き延びることができるかどうか、と言われた病気での、最初の目標である “1年” を、最高の笑顔で迎える事ができました。

当家からはハチ(のほほん属、3歳)
ド真ん前に居座ってる、 ぼたん (こちらもまだまだおこちゃまな1歳)

そして↓ 当家の病犬は、姫。



9歳で発症して、昨年秋まで2年9ヶ月を生き抜いてくれました。
10月9日に亡くなったんですが、9月24日時点で、まだ鹿の骨にかぶりつくという、野性味溢れる逞しい姿を見せてくれていた、ウチの自慢の頑張り屋。

で、前回にもご紹介した通り、ワンコさん同伴ではありませんでしたが、マックス君のママさんがいらっしゃってました。
マックス君は、まだ発症から1ヶ月。

集まった3家族にとっては “通ってきた道”

免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)
長ったらしい病名ですよね。
最初聞いた時は、本気で
「何の呪文だ!?」
って、思ったもんです。
それ以前に、覚えられないし漢字も思い付かない……
実際に私が言えたのは
「は? えーと、すみません、もう一度お願いします……」
だったと思います。
何の病気なんだかも、名前聞いてもサッパリ分からない。
30年も犬を飼い続けてきてるのに、聞いた事が無い。
書いて貰って、やっと何となく、ぼんやりと……

そんな、理解不能な病名を聞かされたついでに、
「厳しいお話をしなければならないかもしれません」
と……

免疫の暴走で血が壊れてしまっているので、一度この免疫反応をリセットしないといけません。
まず、試みるのは、ステロイドでのパルス療法。
(ステロイド剤を点滴で3日感の短期集中投与)
効果が有るなら、1時間程度で薬の効果は出始めます。
これで効果が出ない様なら、すぐに次の手を考えなければならないのだけれど、そちらは効果が確認出来るまでに日数が掛かるので、ステロイドで効果が見られなければ、アリス(当時の同居犬ラブラドール。当時10歳)からの輸血を試みて、時間を稼ぎます。
(輸血は、直接の治療ではないのです。死にそうな程に不足している血液を補う為に行われます)
夕方に、まずは電話で様子を知らせて下さい。
その様子次第で、2匹共連れて来て貰う事になります。
(結果としては、姫はステロイドの反応が良好で、当時は輸血を免れました)

そんな説明を一気に聞かされて。
頭の中、真っ白。
どうして、そんな話になるんだ!?
だって、1週間前には、好きに走って跳んで食べて、にこにこ笑って元気いっぱい転げ回ってたのに!
それなのに、なんで突然、死ぬかもしれない、なんて話になってるの!?

ってな所から始まって、もうね、毎日が怒濤の勢いなの。

ちょっとでも目を離したら、死んでしまっているんじゃないか、って怖くて怖くて、昼も夜も付き添って看病して、獣医さんに日参して……
検査結果が良くても悪くても、泣きっぱなしだったわ、私。
車で病院を出発してから、大泣きが止められなくてヒヤヒヤしながら帰宅した事も……

最初の1ヶ月って、そんな感じで、訳も分からないままに過ぎ去って行った、っていう印象。
因みに、この1ヶ月で、医療費に対する金銭感覚も崩壊します (――;)

発症から1ヶ月、って、そんな時期。
フラン君一家も、アルテ君一家も、み~んなが経験しました。
なので、マックス君のママの苦労も努力も心配も、よ~く理解できます。

飼い主座談会は、マックス君ママさんが持参してくれた血液検査データで経過を皆で見て、皆で当時を振り返りながら、進んで参ります。


(長くなってしまったので、続きはまた……)




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ん?
もてなし王子?が気になる
バンサー世話係 URL 2014/08/07(Thu)06:44:08 編集
Re:ん?
プライベートドッグランをお持ちでね。
キラキラお目々で、いつもニコニコお客様をもてなしてくれる男の子なんです (*´∀`*)
【2014/08/07 23:06】
無題
ある意味、金銭感覚の崩壊は必要かもしれません(^^;
じゃないと治療は続けられない。
わが家はあえて狂わして崩壊させた感じです。
途中で月いくらかかったとかの計算やめました。
もう、馬鹿馬鹿しくなっちゃって(笑)
さやかまる URL 2014/08/07(Thu)08:53:55 編集
Re:無題
あ~……一理ある (ーー;)

最初はウチも黙殺してたけど、後半戦で逆に危機感出て来て、総ざらえしなおしました。
データ量膨大で、気が遠くなりました~
【2014/08/07 23:13】
無題
我が家も1歳で発症したので、この後がすごく心配でした。
でも、2歳で発症して4年も元気で頑張ってるアルテくんの事を読んで、俄然勇気が湧いて来ました。
まだまだまだまだ、頑張ります!!

治療費は確かに家計に痛いです。
最初の1ヶ月は諭吉さんが次々に飛んで行って、この先どうしようと不安になった事もありましたが、幸い通院が一週間に一回になって、以前ほどでは無くなり、ホッとしてます。
とはいえ、やっぱりお高いですね。^^;

マックスくんのママさんも今が一番心配で不安な時だと思いますが、いいお友達に巡り合えてよかったですね。
くーまま 2014/08/08(Fri)14:02:12 編集
Re:無題
そうなんですよね、最初の1ヶ月は、凄いですよね。
ステロイドパルス療法の為に毎日点滴通いで、毎日検査。
場合によっちゃ、朝と夕方と1日2度通院とか。
ウチは発症当初では避けられたけれど、多くは発症当時で輸血を経験してて、これが1回数万単位だし。

そういう諸々も乗り越えてがんばってきた、福ちゃんとくーままさんご家族さん。
大変だった日々を補って余り有る、楽しい日々を送れます様に。
【2014/08/09 01:43】



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]