忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45
2011/04/26 (Tue)
自己免疫性溶血性貧血と闘った愛犬、姫の日記です。
 
前回、狂犬病の予防接種と共に血液検査をしてから3週間。
ちょっと早いのだけど、ゴールデンウィーク始まっちゃうし。
実家では何やら(天気が良ければ)タケノコ掘りだワラビやフキ、ヨモギ取りに行こうと計画中らしい。
(今年はねぇ……パパちゃんの休業が……お金はかけられないから、ちょっとソッチでゆっくり……って言ったら何か凄い張り切ってる、じじ・ばば(笑))
 
「置いていったら可哀相でしょう」
 
と、犬達も連れて行きたいらしい。
 
 
と、すれば。
ダニ・ノミ予防もしておきたいし、貧血の状態も確認しておきたいから、休み直前に病院に行っとこうか。
 
 
 
……とは、予定していたんだが、タイミング良くというか何と言うか……
 
 
 
姫は元々、アトピー持ちだ。
気を付けては居るんだけど、毎年2~3回は皮膚炎と、外耳炎で病院のお世話になっている。
ストラバイト結石の病歴もあって、尿のPHコントロール用の処方食を常食。
おまけに去年は関節炎を2度。
よーするに、常連さん。
(列挙すると、改めて、繰り返す症状ばっかだ……)
 
な、わけで、
かゆい時の緊急対策用の飲み薬、外耳炎の塗り薬、関節炎用の消炎鎮痛剤、採尿セットなどなど、姫用に余分に病院から戴いている物が揃っていたりする(泣くべき? 笑っておくべき?)
 
 
さて、先週末あたりから、天気が良くないのがいけなかったのか。
姫がしきりに左耳をかいかい……
 
因みに、犬の耳の中の湿度は元々結構高いそうです。
そう、耳垢が有って、数%湿度が上がると、細菌繁殖しやすい環境になる。
アトピーのせいでしょうね。姫は、もう、すぐにカイカイとなる。
 
普通は垂れ耳の方が外耳炎はなりやすいのに。
同じように普段から定期的に耳掃除してて、アリスは1回もなったことないのに……
 
 
まぁともかく、私も慣れたものなので、耳掃除して、薬をぬりぬり。
3日程ですっかり赤みもひいて、かゆがらなくなったので安心していたら。
今度は先昨日から右耳をカイカイ……
同じように処置していたのだが……
 
昨日は一時的に落ち着いたと思ったら、深夜になってからまた、酷くかゆがる。
薬を塗り直して様子を見るが、しきりに頭を振って、うーうー言いながら掻いて、終いにゃ仰向けに転がってジタバタ。
これをエンドレスで繰り返す。
めちゃくちゃに痒いらしい。
 
 
こりゃ、朝まで放っといたら間違いなく酷い事になる。傷だらけ必至。
 
さて、どうしたもんか?
 
実はステロイドも有るには有るが、流石に今は飲ませたくないな……
抗生剤を選択して飲ませる。
 
と、漸く落ち着いてくれて、寝てくれた。
 
私も、やっと寝られる……
 
 
 
当然予定を早めて病院行ってきました。
 
今日の血液検査の結果は以下の通り
4月は昨年の健康な頃の数値(毎年フェラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)
項目
基準値
4月
04/8
04/26
WBC 白血球
60~170  102/ul
112
142
129
RBC 赤血球
550~850  104/ul
651
633
658
HGB ヘモグロビン
12~18  g/dl
17.1
13.5
13.8
HCT 赤血球容積
37~55  %
53.2
41.7
42.9
MCV 平均赤血球容積
60~77  fl
82
65.9
65.2
MCH
19.5~24.5  pg
26.3
21.3
21.0
MCHC 血色素濃度
32.0~36.0  g/dl
32.1
32.4
32.2
Plt 血小板
20.0~50.0  104/ul
50.4
62.2
43.9
 
 
おぉ!
完璧!
優等生過ぎる位に素晴らしい結果です。
 
ゴールデンウィークは遠慮無しに遊べるぞ!
 
 
お耳は、奥の方の汚れが少し残っていたので、掃除と。
掻きすぎでやっぱりちょっと傷が出来てたので、それだけ処置して貰って。
あとは既に赤みもひいて、すっかり落ち着いていたので、終わりです。
 
「前使ってた洗浄液が無くなったんで新しく買ったのが、ちょっと粘度が高いみたいで気になってはいたんだけど、やっぱり綺麗になりきってなかったんですね……」
 
「それぞれ合う合わないが有るから、粘度が高いのが悪いとは言えないんですけどね……合うのを探すしか無いですよねぇ。
でも飼い主さんが頑張ってくれてるんで、この程度で済んでてて、姫ちゃんの為には良い事ですよ。
先週辺りから急に湿気が増えたせいか、皮膚炎の子も急に増えてきましたからね。
この調子で注意していてあげて下さい」
 
 
 
あい。
頑張ります。
 
 
 
…………手の掛かる子ほどかわいい…………
↓ でも、病院に用事の無い月も欲しい……

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]