忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [334] [333
2013/01/20 (Sun)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。
 
 
昨日は、姫はお散歩お休み。
 
寒かったし。
なんとなく鼾が気になったし。
 
数日前の自宅体重測定では増えていたけれど……
なんとなく?
説明しにくいけど……?
 
 
そしたら、案の定というか何と言うか……
夜の排尿では血らしき物が混ざっている。
全体に色が付いているわけではなくて、渇いてパリパリになった血っぽい欠片がチラホラと。
奇麗な真っ赤。
尿自体は奇麗な色。
 
 
う~~~~~~~~~~ん…………?
 
 
もう一つの持病のストルバイト(尿石症)な感じな血尿じゃないな~……?
とか、思ったり?
 
 
食欲無かった頃ならともかく、今はストルバイト療法食をガッツリ食べてくれてるし。
 
今朝には、視認できる血尿症状は無し。
 
 
 
 
でも取り敢えず、念の為に検尿して貰う事にして、採尿して、病院へ。
検尿結果、予想通り、ストルバイト結晶、陰性。
 
 
で、先日増えてた筈の体重は、又若干減っている。
10.85Kg
 
 
※元4月は2年前の健康な頃の数値(毎年フィラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)
項目 基準値 元4月 12/25 1/6 1/20
WBC 白血球 60~170  102/ul 112 140 264 249
RBC 赤血球 550~850  104/ul 651 539 565 538
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 17.1 12.6 13.6 12.7
HCT 赤血球容積 37~55  % 53.2 39.6 41.3 39.2
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 82 73.5 73.1 72.9
MCH 19.5~24.5  pg 26.3 23.4 24.1 23.6
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 32.1 31.8 32.9 32.4
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 50.4 29.8 46.2 51.4
 
 
微妙な感じで、下がってます。
 
前回の検査の時に先生が懸念していた通り。
(白血球数上がって一拍後、赤血球が減る)
 
 
と、いう事で、血尿の原因は、溶血によるものであろう、と。
 
 
と、いうことで、今回も薬に変動無し。
悩ましい所ではあるけれど。
 
胃薬:サール 1錠 朝・晩
抗生剤:ビクタスS錠 1錠 朝・晩
免疫抑制剤:イムラン(アザチオプリン)1/2錠 毎日(朝のみ)
ステロイド剤:ペレドニゾロン1/2錠 毎日(朝のみ)
 
 
 
 
検査して、その数値から傾向を読み取ってくれるのは、獣医さん。
日常の仕草や表情やその他諸々で変調を読み取るのは、飼い主の役目。
 
最近、色んな所で、予測が出来る様になってきた。
 
 
 
顔色(血色。犬の場合は口の中、歯茎の色見ます。姫は鼻の頭でも分かる)は人間の顔色同様。
貧血になれば蒼白になってくる。
けど、これはそれなりに減った時は顕著だけど、微妙な段階では、あまり変わらない。
 
目力というか、表情や動作が鈍くなるのも、ある程度下がってから。
 
毛艶。
生え替わりのサイクル考えたら、影響出にくいんじゃないか、と思っていたのだが、獣医さん曰くは、体の栄養状態が真っ先に影響するのが被毛だそうだ。
貧血傾向が有る程度になると、手触りゴワゴワになって艶が無くなる(;。;)
血が十分だと、ふわふわピカピカ。
 
これも、変化は大きいけれど、境目はある程度下がった頃かな。
 
 
 
その前に気付けるのは、体重。
血液を作るのがいかにエネルギーを要するか。
体重が減ってる時は、大体が結果も下がり傾向。
血球数が増えて安定すると、体重は増える。
 
だからウチは体重測定はマメです。
(ハチ的には、ありがたくないだろう)
 
 
そして、姫の場合は、鼾!
 
音量の境目がちょうど基準値下限あたり、な気がする。多分。
 
獣医さん曰く、血液というのは栄養や酸素を運ぶ役割が有って、それが不足してくるから、若干の酸欠傾向に陥るから、より酸素を取り込もうと呼吸が荒くなるから、連動して鼾が大きくなるんだろう、と。
 
姫はこれが一番、分かりやすいかも ( ̄∇ ̄)
 
たかがイビキ、されどイビキ!
毎日の鼾は、実は健康チェックの大事なポイントです (*^▽^*)
 
 
 
 
 
全ての犬に当てはまるか、はハッキリ言えないけどね。
 
でも、気管支関連・肺関連の病気であったり、血流に影響出る程の心臓の病気などで、鼾の音量に影響が出るのは事実らしい。
 
因みに、僧帽弁閉鎖不全症(初期)だった晩年のアリスの鼾は、ダースベーダーとしか表現しようがなかった……( ̄∇ ̄)
アレは、笑うしかなかった。
 
 
 
ハチの鼾はかわいいよ~ (*´∀`*)
 
 
 2418ef16.jpeg
 
頭隠して尻隠さず
 
姫はよくこんな感じで寝てます (*´∀`*)
 
 
イビキ、気にしてみて下さい

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]