忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [334] [333] [332
2013/01/19 (Sat)

すっごい久しぶりに作った、アップルパイ。
最近はリンゴが高価いんだもん。
1個100円近くする。

それが先日の朝市で5個300円で買えたので。

リンゴ菓子には、酸味が強く煮崩れせず香りの良い紅玉が良い、と言うのだが、これは今殆ど見なくなってしまった。

有る物で行きましょう。


…………あ、しまった……!

適当過ぎる作り方しちゃった…… (;゜ロ゜)


因みに、作業自体は簡単なんだけど、待ち時間が長いのがパイの難点で。
でも、冷蔵庫で冷やしておけば良いので、前日に生地を用意しておくとかでも大丈夫。
むしろ、そっちがお勧め。
何せ、待ち時間長すぎて、他の用事をしながら作業すると、朝作り始めて、完成は夜、とかザラなので……
実質の作業時間は殆ど掛かりません!


と、格好つけてみたけれど…… (^_^;)

856dcba6.jpeg

IHクッキングヒーターのグリルに、オーブン機能が付いていたので、今回はこちらを試してみた。
現行のオーブンレンジよりも火力が強い……のは分かっていたのだが……読みが甘かった! (;。;)

最初に焼きすぎた~
真っ黒になっちゃった~(;゜ロ゜)

味は”炭”じゃなくて、良かった~ (;▽;)


★材料
フィリング(リンゴのシロップ煮)
  リンゴ  4個
  砂糖   今回は90g
  レモン汁(ポッカ100レモン) 適量(笑)
※リンゴのサイズもまちまちですし……一切れ試食してみた甘さから適当に加減してます……

パイ
  薄力粉  300g
  砂糖  大さじ2
  塩  2つまみ
  バター  200g
  冷水  約120cc(夏:少なめに 冬:多めに)

★作り方
1. リンゴは皮を剥き、4等分して芯を取り、更に半分に切ってから4~5片に切り分け、酸に強いホーロー鍋などに入れ、砂糖、レモン汁をまぶして軽く混ぜて暫く置く

2. 1を火に掛け、途中あまり混ぜない様に、汁気を飛ばす様に煮詰める
(クタクタになりすぎない程度。目安2~30分)
火を止めて、冷ましておく

3. パイの材料の水以外をフードプロセッサーで軽く攪拌
(容量に応じて半分ずつに分けた方が良い場合も有り)

※加熱するとバターが溶け出すと同時に、バターをはさんでいる上下の層に含まれている水分が混ざり合い、沸騰状態を起こし大量の水蒸気を発生します。
この水蒸気の力が上下の層を押し広げ、空間を作り、固まるので、パイは膨らみます。
この原理、パンのクロワッサンでも使われています。

つまり、ある程度バターの層が必要になるわけです。
混ぜすぎると、小麦粉と完全に混ざってしまって、バター層ができずにクッキーっぽくなってしまうので、攪拌し過ぎない様に。

4. 3に冷水を加え軽く混ぜ、一纏めにまとめてラップに包み、冷蔵庫で休ませる

※3で述べた理由から、粉っぽさが残る程度に水分を全体に馴染ませるだけで良い。

パイ生地をしっかりと膨らませたい時は、3をボウルに移してから、冷水を足してフォークなどで、軽く馴染ませる方が良い。

メニューによっては、そこまで膨らまなくても構わない場合も有るので、その時は、フードプロセッサーのままでも可。

5. 1時間以上ねかせた生地を、打ち粉をふりながら麺棒で長方形に伸ばし、3つ折に
伸ばす方向を回転させながら、同様の作業を5回ほど繰り返す

※バターが溶けない様、気温が高い時の作業なら、合間でも冷蔵庫で生地を休ませる。

**********
身も蓋も無い手抜きワザ

冷凍パイシートを買ってくる!
有りです! (^_^;)
**********

6. 生地を半分に分け、麺棒で伸ばしてパイ皿に敷き込み、フォークで突いて数カ所に穴を空けておく
(はみ出た分は包丁を皿の縁に沿わせて切り落とす)

7. (好みで、底にから煎りしたパン粉を敷き詰めても良い)
リンゴ煮を6に、多めに盛る

8. 生地の残りも麺棒で伸ばし、1.5cm幅くらいのリボン状に切って、7に格子状に飾る
卵黄少量を水少量で溶いた物(分量外)で下の生地とリボンの端をくっつけて、余分な部分を切り落とす

9. 8の卵黄を刷毛で表面に塗って、250℃に予熱したオーブンで15分→180℃に温度を下げて30分焼く

※オーブンの機能によって温度、焼き時間は若干の誤差有り

 


残った材料で包みパイも。
御弁当のデザートにも便利。

ee0860a1.jpeg

こちらは、250℃6分→180℃15分で調整 (^_^;)
今度こそ、焼き色も奇麗に (*´∀`*)


途中経過の写真が無いと、わかりにくいですね~~~~~~(^_^;)
気付くの遅っ (≧◇≦)


なお、ほかほか温かい焼きたてパイは、サクサクぱりぱり ♪
時間が掛かるけど内訳はほぼ待ち時間で、材料も作業も全然複雑じゃないので、馴れるとちょちょいと片手間で (*´∀`*)

 




で、もって、正月行事の筈の鏡開き……

最近お餅は買ってくるし。
買ってくるのは、日持ちがするし。
餅ってお腹ふくれるから……

で、ずるずると日は過ぎて。

6607d8bd.jpeg

 

遅ればせながらに、やっとな感じで鏡開きです。

小豆は缶詰だけどね ( ̄∇ ̄)

 

↓甘い物ばっか Σ(゜ロ゜屮)屮

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]