忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282
2012/10/23 (Tue)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。
 
 
前回色々と検査してから3日。
 
ササミと大根の水煮を作ってみたり、ふりかけかけてみたりで、あの手この手で、どうにかこうにか、ある程度の量を食べさせる事に成功してきたけれど。
今朝は、水煮も食べてくれないし、ストルバイト療法食なんか、匂い嗅ぐだけで舌すら出さないし。
 
鹿肉ジャーキーとクッキーなどのオヤツ類は食べてくれた σ(^◇^;)
 
取り敢えずの急場凌ぎに、サプリを舐めさせる。
(お泊まりの時なんかは、フードケース2つも持って行けないから、基本はアリスの一般食だけ持って行ってたから。
そういった時のストルバイト対策用に、サプリも常備しとります)
 
 
これは参った。
 
と、いうことで、病院へ。
 
ここまでの成果か、体重はキッチリ維持。
 
 
※元4月は2年前の健康な頃の数値(毎年フィラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)

項目 基準値 元4月 10/15 10/20 10/23
WBC 白血球 60~170  102/ul 112 106 231 249
RBC 赤血球 550~850  104/ul 651 560 550 569
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 17.1 11.8 11.8 12.1
HCT 赤血球容積 37~55  % 53.2 36.5 35.3 36.9
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 82 65.2 64.2 64.9
MCH 19.5~24.5  pg 26.3 21.1 21.5 21.3
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 32.1 32.3 33.4 32.8
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 50.4 51.8 53.4 49.5
 
 
薬が効いていないわけではない、と思われる。
一応、血球数は上がってる。
 
抗生剤の効果も有るらしく、一応、白血球の上昇も抑えられてはいる。
CRPの上がり方からすれば……という条件付きで。
 
CRP(炎症判定。基準値:0~1.0mg/dL)
20日が4.5で、本日が16.0
因みに、検出限界値が20だそうです。
それ越すと計測不能になる……かなり、よろしくない数値です。
 
 
状況的に、今回の食欲不振の原因は貧血ではなくて(過去の経験上、この数値ならもうちょっと食い付きが良い)この炎症反応の方に間違いなさそう。
 
 
 
 
さて、父ちゃんと母ちゃんは、20日の時点で、今後の方針を大体固めていた。
 
『手術となれば当然、免疫抑制剤は休薬せざるを得ないだろうから、理想はもう少し血球数落ち着いたら、手術しよう。先々を考えれば、懸念材料は一つでも減らしておいた方が良いからね』
 
と。
 
 
今日の検査結果から、先生も同意見。
 
 
 
 
と、いうわけで。
 
 
胃薬:サール 1錠 朝・晩
免疫抑制剤:イムラン(アザチオプリン)1/2錠 毎日(朝のみ)
抗ヒスタミン:アタラックス25mg 1錠 朝・晩→カイカイは落ち着いてるので、有る分が飲んで終了
抗生剤:ビクタスS錠 1錠 夜のみ→朝・晩に増量
 
 
これで多少なりとも時間が稼げれば良いな、と。
 
 
免疫抑制剤を減薬すると数値が下がるからね~……
休薬期間中、持ちこたえられるだけの数値になっていて貰うのが理想。
そこまで待てなくなる可能性も、勿論、有り得る。
 
手術時期は、そんなわけで、状況次第!
 
 
 
 
 
さてさてさて。
 
少しでも早く、手術に耐え得る体を作って貰わねば!
その為には、しっかり食べて貰わねば!
 
ストルバイト療法食に拘りすぎるのは、一旦お休み。
や、食べてくれれば非常に助かるが……当面はサプリでカバー。
 
で、少しは食べやすいんじゃないか、と思って作ってみた。
犬用のおかゆ。
 
一応、食材についても調べ直した。
豆類は(多量の)インゲンは中毒の可能性有りだが、他は植物性タンパク質が豊富。消化不良の可能性有りで△
納豆は○なんだ……
 
サツマイモはβカロチンもビタミンB1ビタミンEなどがバランスよく含まれていて〇
 
f79b8481.jpegなどなどを踏まえて。
おかゆを炊いて、粉末にした干し椎茸ときなこ味付けと香り付け。
角切りにしたサツマイモと豆類の水煮、多めに作って小分けして冷凍していたササミと大根の水煮、ごま少々を具に。
(写真は冷凍前のササミと大根の水煮。製氷皿で凍らせておくと、結構便利)
 
よく冷まして……
 
 
 
食べた~~~~~~♪
勢いで、療法食もウェットは少し食べてくれた!
よっしゃ!
 
ぱっと見は元気ですよ~♪
ぺったんこになって寝てると、お腹もぽっこり ( ̄∇ ̄)
 
bae4caaa.jpeg
 
母ちゃん達は、姫にまだまだ先が有ると信じて、決断したぞ!


がんばれ、姫

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 弟分に妹が出来た♪■ HOME ■ 大鼾 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]