忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209
2012/06/01 (Fri)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。
 
 
先週から、毎日投薬になってしまっているので、状態変化をいつもよりも気にしてくれます。
医「嘔吐や下痢とか有りませんでしたか? 食欲に変化は?」
 
私「その辺は、全く問題ありません」
 
医「……ん? 多飲多尿?」
 
私「それも、今までと同レベルなので、大丈夫かと…… σ(^◇^;)」
 
医「……どうしました?」
 
私「今回は現場を押さえてないんですけど……また昨夜から急にビッコをひき始めました (T-T)」
 
医「あぁ……この横座りは、そういう事かぁ…… (^_^;)」
 
とりあえず、先ずは採血を。
 
元4月は2年前の健康な頃の数値(毎年フェラリアの検査で採血するついでに、健康診断をしてもらってます)

項目 基準値 元4月 5/11 5/25 6/1
WBC 白血球 60~170  102/ul 112 132 108 179
RBC 赤血球 550~850  104/ul 651 603 549 530
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 17.1 13.0 12.6 12.1
HCT 赤血球容積 37~55  % 53.2 39.6 36.7 35.4
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 82 65.7 66.8 66.8
MCH 19.5~24.5  pg 26.3 21.6 23.0 22.8
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 32.1 32.8 34.3 34.2
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 50.4 53.9 47.6 48.7
 
一応、安定傾向。
いつものパターンからすれば、来週・再来週あたりで数値は上昇してくれると期待できる。
 
 
薬の変更もなしで連日連投で更に1週間の様子見。
プレロン錠5mgを2錠ずつ、朝のみ。
 
 
さて…………
 
 
 
 
 
うん、例によって例のごとく、左後ろ足。
膝の部分。
 
因みに、昨日は日中元気にロープ遊びもして、ご機嫌に散歩も行ってお強請り行脚して、ご飯の時も全く普通だったんだけどね。
夜中に、寝ぼけ眼で現れた時には、足を地に着けられない程明らかにビッコちゃんだった……
 
私の第一声……
「いや、お前、また、何をやらかしたの……? _| ̄|○ 」
 
もう、本当に、がっくり…………
 
 
 
 
 
医「随分と腫れちゃってますね……
 急にこんな酷い事になってるって事は、(老化によるものではなく)何かやっちゃいましたね (^_^;)
(滑ったとか、落ちたとか……)
 う~~~~~ん~~~~~……どうしようか……?
 
 
 
 良い笑顔なんだけど……動作は明らかに痛がってますもんね。
 このまま、は、ちょっと可哀相かな……」
 
 
痛い足には殆ど体重掛けていないか、足を完全に浮かせちゃってるか、で。
 
でも、もう、診察終わってるという認識なご当犬は、診察室の扉が開くのを今か今かと、キラッキラした顔で待っている。
おやつを貰う気、満々です ( ̄∇ ̄)
 
 
 
医「じゃぁ、消炎鎮痛剤と関節のお薬を1週間使いましょう。
 ステロイドと同時は良くないので、膝の薬は、夜のみであげて下さい。
 今日は……注射しときましょうね (^^;)
 
 まぁ、骨格に無理が有るところへもってきて、力の強い犬種だから、痛めやすいし、一度痛めるとクセにもなりやすいし……仕方がない、って言ってはアレなんだけど、仕方が無い部分ではあるんですよねぇ……
 
 姫さんの場合、大人しくなっちゃったら、ソレはソレで怖いしなぁ ( ̄∇ ̄)
 
 
 
 
 あ、しばらくお散歩はちょっと控えめで。
 来週、血液検査といっしょに回復状態見て、少しずつOK出す様にしましょう」
 
 
 
と、いう事で、お散歩規制です (´д`)
溶血性貧血とは別問題で……!
 
 
そして、とうとう、獣医さんにまで言われた!
姫が大人しくなったら怖いっ、て!
 



↓どんだけ~~~~~!? (o゜▽゜)o

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]