忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
2013/03/03 (Sun)

行って参りました、シンシアの丘オープンハウス。

直前に地元新聞の取材も有ったらしく、とてもたくさんの方がいらっしゃって下さってました。

大勢の前でマイクを持たされ、ちょっとビビって固まった母ちゃんでした (>_<)
センターの司会の方にフォローされながら……何しゃべって来たんだ!?

マイク持ってる間は、テンパっていて、半分程、覚えてないかも……?

一緒に参加したのは、繁殖犬ボランティアさんと、パピーウォーカーボランティアさん、そして私達キャリアチェンジ犬引き取りボランティア。
それぞれの犬も、もちろん一緒で。
ワン達は、超巨大なガムを1個ずつ戴いて、大勢の前でもそれぞれ全く気にせず夢中で囓ってました ( ̄∇ ̄)

596bb19f.jpeg

会の間、大人しくしていられる様に、という事だった様ですが……
いや、肝心の皆様方に顔を見せずにお尻を向けてはダメでしょう (;゜ロ゜)

と、それぞれが前を向かそうと頑張ってみるも……
ワン達は気にしな~い (*゜∀゜*)

何故かみんな、後ろを向いて、
がじごじがじごじ♪♪♪

 

一通りの紹介とボランティア内容の説明を終えて。
ボランティア応募の切欠とか、実際にどんな感じで暮らしてるのか、とか良かった事大変な事、など。

後は自由に触れ合いと、個別に訊いてみたい事を。
(母ちゃん達も、コッチの方が安心してしゃべれる~~~~~♪)

た~くさんの人達に囲まれて撫でられて、ハチは大喜び。
隣ではハチの育ての家族と弟分が居るし、で大はしゃぎ。


因みに、キャリアチェンジ犬とは、『性格や身体的な理由で、介助犬には向いていないワンコだね』 と判断された、適外犬の事。
大切に大切に育てられた犬達のうち、実際に訓練に残れるのは、3割程度。
介助犬になれなかった犬達は、私達の様な一般の家庭に、普通のペットとして託され、一生を過ごすことになるわけですが……

そうした性質上、キャリアチェンジ犬引き取りボランティアは、先住犬が居てもOKです。
(パピーホームではNG)
今回、ウチにお声が掛かった理由は、ソコだったみたいですね~ (*´∀`*)


大きさが違っても、仲良く出来るものですか?
引き取っちゃってから、やっぱり仲良く出来なかった、ってなるのが不安で……
2匹居るんですけど、もう1匹をキャリアチェンジ犬引き取るって、どう思いますか?


といった質問が、やはり多かったです。

 

戴いた質問への答えとしては。

引き取りには、トライアル期間も設けて貰えます。
いきなり「じゃあどうぞ」ではなく、まずは会わせてみて、互いの反応を見てから、最終的に決めれば良いことなので、ご安心を。
(先住犬の有無に関わらず、トライアル期間は有ります)

キャリアチェンジ犬の側は、社会化はしっかりとしているので、他の犬にケンカをふっかけたり、といった事は、ありません。
(遊びたがる事は有るけど……( ̄∇ ̄))

オス犬でも足上げせずのトイレの躾が出来ているので、先住犬がメスでもトイレの共同使用が可能です。
(体が大きいので、トイレスペースは広くとらないといけない……)

因みに、我が家は普段は先住犬コーギーのみですが、実家には更にJRTの兄妹が居て、合計4匹で居る機会も多いです。
(体重:ハチ 31Kg、姫 11Kg、陸 6.5Kg、海 4Kg強)
皆で仲良く出来てます。
(ものすごく賑やかだけどね~~~~~ σ(^◇^;))

避妊・去勢の手術は、手術が可能な時期が来た段階で、済んでます。

マイクロチップは装着済みです。
(登録内容の変更手続きも、協会の方で出してくれます。引き取り手には、登録完了の通知ハガキが届くだけ)

歯磨き、爪切り、耳掃除、シャンプー、ドライヤー、足拭き・体拭きなどのお手入れにも馴れています。
ハチは、ドライヤーはちょっと逃げるけど、まぁ、させます。
ハチが唯一譲れないのは、目薬らしい。
これだけは、断固拒否。
(一生、無しでいけるかどうか分からないから、出来れば馴れて欲しいところなのだが……)

貰ったガムなども、ちゃんと 『ちょうだい』 出来ます。
取り上げても怒りません。

その辺は、パピーホームさんが、大きな愛情と根気とで、ガンバって教えてくれてますので、ウチはとても楽をさせてもらってます (*´∀`*)


※個々の性格、って面は大きいんですが……アリスが子犬の頃はハチャメチャなヤンチャっぷりだったもんな~……

携帯電話は充電器から引っこ抜いて噛み砕くし。
壁に穴開けるし。
コンロの上の天麩羅鍋から油ごっそり飲んじゃって、3日3晩嘔吐と下痢に苦しんだり。

大型犬の場合、あっという間に大きくなって、手が届く範囲も広く力も強くなるので、『子犬かわい~~~~~(o^^o)』 っていう時期は、同時に、発狂しそうな程に大変な時期でもある。

排泄量も多いから、トイレの失敗だって、被害はデカイし……

そういうのはアリスで経験済みなので、ハチを迎えた時の楽さはちょっと感動的だった (^_^;)

やはりGレト飼育経験者だけど、もう子犬から育てるだけの気力が……
とおっしゃる方も見えましたが。
パピーウォーカーさん御一家のお陰で、ハチはとっても良い子です。

ただし、同じレトでも、ゴールデンはよりおっとりで5歳位ですっかりと落ち着いてしまうし、どちらかといえば散歩もたくさんは行きたがらない子が多く。
対して、ラブラドールはいつまででも、散歩大好きで活発な子が多いです。

因みに今日集まったのはラブばかりでしたが、介助犬にはGレトも居ます。
GレトとラブのMixも。

 

大体、こんな感じでしたか。

長くなってしまったので、今日はひとまず、ここまで (^_^;)

拍手[7回]

PR
2013/02/27 (Wed)

来る3月3日(日)、介助犬訓練センターシンシアの丘にて、イベント・オープンハウスが開かれます。

なんと。
キャリアチェンジ犬引き取りボランティアとして、私達も参加する事になってます。
(この為に、検便受けてきてたんですね~o(^-^))
他にも繁殖犬ボランティアさん、パピーホームさん、使用者さんの実体験をお話しする、という事だそうです……

何を話せば良いんでしょうね? オロオロ (・_・ )( ・_・) オロオロ
まだ、な~~~~~んにも、考えてませんが……(^_^;)

とにもかくにも、ハチのパピーホームさんも参加なさるので、とてもとても楽しみです。
ハチ、めちゃくちゃ喜ぶだろうな~ (*´∀`*)

 


ペット同伴は不可ですが、少しでも興味が有る方は、是非とも行ってみて下さい。

百聞は一見にしかず、と申します。

盲導犬を初めとする 『仕事をする犬』 に批判的な意見が多いことは承知しています。
でも、人伝の意見では無く、ご自身の目で見て触れて感じた事から、ご自身の意見を持って欲しいと思います。

チラシを転載します。

73e2cfde.jpeg


日本介助犬協会の、イベント告知ページはコチラです。
http://www.s-dog.jp/event/20130303-2.html

シンシアの丘HPのトップページはコチラです。
http://www.s-dog.jp/center

 

ハチと一緒に、ちょっと頑張ってきます <(_ _)>

拍手[7回]

2013/02/25 (Mon)

見える範囲では、もう完全に普通のンチに戻った姫♪

これで完全復活!

薬が終わった頃に、こっちは再検便を受けるとして。

 

そしたら、メインのハチも受けてこないとね。

と、いう訳で、行って来ましたよ、検便 (*´∀`*)
お食事中の方はごめんなさい <(_ _)>


結果、良好。

毛艶も良いし、健康そのもの♪
との御墨付きをもらってきましたよ~♪

 

↓ やっぱり健康第一!

拍手[5回]

2013/02/13 (Wed)

ちょっとした用事で、平日なんだけど、ちょいと実家へ。
行って帰ってくるだけで済んじゃうような用事。

 

なんだけど。
実家のジャック兄妹とハチが、毎回あまりに楽しそうに遊ぶもんだから……


連れて行かない、とかいう選択肢って、あの顔思い浮かべると、無理だわ~~~~~~(^_^;)


余談だけど、力持ちはパパだけじゃないよ~ (*^▽^*)
母ちゃんも、ハチを車に乗せるのに抱き上げるくらい、やっちゃうよ~ (o゜▽゜)o
(まだ、自力で飛び乗ってくれるまでには至っていない。
ジャンプ力ついてきてるから、そのうち乗ってくれそうな気はするんだけどな~)

 


さてさて。
いよいよ到着。

入ると同時に、大騒動の勃発!
人間は、部屋の隅っこに避難です ( ̄∇ ̄;)


テーブルこたつの周りをぐるぐると追いかけっこから。
早すぎて、シャッター切るのが追いつかない~ (;゜ロ゜)

8b202d7c.jpeg

おわかり戴けるだろうか?
この写真、隅っこに、足だけチラッと映っている。
陸の後ろ足と、ハチの前足かな?
こたつ布団が撮りたかった訳ではありません! σ(^◇^;)

シャッター速度を上げているので、フラッシュをたかないと光量が足らず、その為には、シャッターが若干遅れる。

結果、コンナ写真ニナッテシマッタ……


走り回らずに居てくれるなら、多少動いていても撮れるんだけど。
(長居の予定では無いので、面倒で、ハーネスは着けっぱなし)

dc01077d.jpeg

最初のウチは3匹で追いかけっこして取っ組み合ってしてたけど、やっぱり最終的にはハチと海の竜虎対決になる。

ところで、ウチへ来て3ヶ月になったけれど(まだそんだけしか経ってないのね~……もっとずっと一緒に居る気がする)ハチはまだヘソ天を見せてくれない。
筋力的にできないのか、はたまた性格的にやらないのか。

どっちか分からないけれど、まだです。

が、ここへ来て、やっと!
ヘソ天間近っぽい格好に!!!!!

054666d4.jpeg

”天”になると、反対側へすぐに倒れていってしまうから……やっぱり筋力の問題かな……?

早く見たいな~ハチのヘソ天 ♪

 


これだけ暴れまくっても、散歩は別途行きます!
本日はジャック兄妹とお友達のイタグレのアンディくんとお会いしました。

さすがに、足が速い。
メチャクチャ早い。
ハチは全く歯が立ちません……σ(^◇^;)

最後の方は大分馴れたか、ある程度までは近寄ってくる。
追われると逃げるが、どれくらいで走れば追いつかれないかを把握して、走る速度も調整してる…… (^_^;)
ハチ、見事に振り回されている。

デカイのにビビって逃げ回るアンディ君を、いっぱい追いかけ回してすみません。
アンディ君パパさん、
「今日はボール投げなくても走ってくれて、らくち~ん (*^▽^*)」
のんびり傍観。
アンディ君にも、パパさんにも、いっぱい遊んでもらいました。

 


目一杯走ったハチも、焼きいも初めオヤツをたんまり貰えた姫も、大満足♪

021329c8.jpeg

 

↓ 適度に疲れて、ネムネムです(*^▽^*)

拍手[5回]

2013/02/06 (Wed)

本日、震度2の地震が有った。
震度2有ると、平常時ならば、人間も気付く。

ハチが我が家に来てから初めての(多分……ウェザーニュースのメールサービス取ってるから、間違いないかな~……?)有感地震です。

ボーンを囓っていたハチ、床下からの地鳴りに、きょとん、と。
すこ~しだけ、ぐらぐらっと来た時も、不思議そうな顔して、母ちゃんのことを見上げては来たけれど。

それだけ。

 

……あれ?

 

 

それだけ!?

 


で、ふと、思い返してみる。

ウチに来た当初は、ハチってめっちゃくちゃにビビリだと思っていたけれど。
最近って、それ程でもなくない?

割と何にでも好奇心を持って首を突っ込んでいくようになって来た様な……?

 

 

もしかして、知らない環境に戸惑って、一時的にビビリが酷くなってただけかしら?
本来はそれ程でもなかったり?


あ、でも、未だに掃除機が苦手だ、そーいえば ( ̄∇ ̄)

 

掃除機は兎も角として。
正直、この子のビビリっぷりは、雷の季節とか、どーなんだ!?
と心配していたが……

もしかして、意外と平気だったりするかもね (*´∀`*)

 

1bf3ea24.jpeg

話変わって、2匹の寝相。
今日はうまい具合に、並んだ2匹が2匹共、ちょこっとずつ、おこたから出てます。


 

ハチは、まぁ、普通だよね~





 

 

姫……

一応、女の子なのに……


 


ヘソ天で大股開きです…… (ーー;)

 

ハチもいずれはこんな姿を見せてくれるかしら? (*^▽^*)

拍手[5回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]