忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459
2013/08/06 (Tue)
自己免疫性溶血性貧血と闘っている愛犬、姫の日記です。


お盆休み前の最後の土日だった週末に、人間のお墓参りと、動物霊園開催のお盆法要を済ませてきました。

24時間、365日、全く弱音を吐かないとか弱気にならないとか、やっぱり人間なんで無理だもの。
姫とハチに物凄い手間暇掛けて、それはそれなりに毎日賑やかに忙しくしてたってね。
姫は姫であって、ハチはハチで、誰もアリスの代わりにはならないから。

たまにはね。

寂しいよ、会いたいよ、なんて泣くことも有ります。

ちゃんと笑っていける為には、時々そうしたガス抜きは必要なんでしょう。

お墓参りって、よくできた習慣ですね。

(法要が有る日に移動販売で来ている饅頭屋の草団子を狙う姫……

残念ながら、君は食べられないよ~ σ(^◇^;) )





というわけで、またまた頑張って参りましょう。

……前が見にくい程の土砂降りの最中に車を走らせての通院です。
(結果的には、病院行った頃が、本日の雨のピークだったっぽい……)



IMHA発症後、85回目の血液検査の結果です。



項目 基準値 7/4 7/11 7/18
WBC 白血球 60~170  102/ul 325 311 153
RBC 赤血球 550~850  104/ul 421 478 494
HGB ヘモグロビン 12~18  g/dl 12.1 13.4 14.1
HCT 赤血球容積 37~55  % 34.2 39.5 39.2
MCV 平均赤血球容積 60~77  fl 81.2 82.6 79.4
MCH 19.5~24.5  pg 28.7 28.0 28.5
MCHC 血色素濃度 32.0~36.0  g/dl 35.4 33.9 36.0
Plt 血小板 20.0~50.0  104/ul 69.7 65.9 55.3



検尿は 相変わらず膀胱炎は有る様だが、ひとまずは落ち着いてるので、もうちょっと様子見。

ただ、肝機能の方は、そろそろ、何もしないわけには行かない数値かも。

ALP(アルカリフォスファターゼ)(基準値:47~254U/L)が1356
GGT ガンマGT(基準値:5~14U/L)が297
GOTやGPTといった肝機能に関わる数値がのきなみ、高値になってます。

原因がステロイド誘発性、とハッキリしてるもんだから、ある程度までは 「仕方ないね」 で済ませるんだけど……
ステロイド減薬していけば、自然と下がるものだし。

残念ながら、今はまだステロイドの減薬に踏み切れる程、貧血の方が安定していない。

原因が原因なので、薬を飲んだからと言って、数値が下がる事はあまり期待できないんだけど、少なくとも、これ以上は悪くならない様に。
と、いう事で、肝庇護剤を追加です。




肝庇護剤:グルタチオン100mg錠 1錠 朝・晩
胃薬:サイトテック 1錠 朝・晩
免疫抑制剤:イムラン(アザチオプリン)1/2錠 毎日(朝のみ)
ステロイド剤:プレロン錠 2錠 毎日(朝のみ)
抗生剤:バイトリル150 1/2錠 2回→1回(晩のみ)
眼圧下げる薬:ダイアモックス1/2錠 1日置きで1日1回(晩)

抗炎症ステロイド点眼薬:ステロップ 1日1~2回
高眼圧症治療剤:チアブート点眼液 1日3回ほど
イヌ老年性初発白内障進行防止剤:ライトクリーン 1日2回
(他の目薬から、約1時間程の間隔を開けて、点眼)





1日あたりの薬代が1,300円か……
毎回毎回たくさんの薬飲まされる姫も大変だろうけど……
飲ませる方も、大概、大変です。
種類多くて、何をいつどれだけ飲ませるのか、の管理だけでもエライこっちゃ、です (^_^;)



本日、大きな錠剤がまたまた追加になったので、看護師さんに心配された。
これだけの薬、すんなり飲んでくれますか?
と。



因みに、ウチは元々、薬は口開けさせて奥の方に錠剤放り込んで強制ゴックン、という飲ませ方がメインだった。
とはいえ、発症当初の食欲無い頃はともかく、毎日の事だったんで、薬飲むのがイヤになってもらっても困るか、と食欲が戻った頃からはご飯に混ぜる様にしてみた。
が、体調によって、食べムラがしばしば。
ご飯を食べないと、薬も飲ませられないので、ほどなく強制ゴックンに逆戻り。
ここ最近は、やっぱり薬がイヤになって来たらしくて、飲ませようにも “もぐもぐ、ぺっ (-.-#)” の技術が向上してしまったので……

今は、ミートローフにくるんで、美味しく丸呑みしてもらってます (^_^;)

姫の大好物の鹿肉のミートローフ。
生肉を食べない程度に食欲無い時でも、コレは食べるので、非常食としてもお役立ち。
纏めて焼いて、小分けにしてから、冷凍保存。
少しずつ解凍して、1口大の1片に薬を詰め込みます。
今の所、コレで一口で丸呑みしてくれます。



今のところ、この方法で順調に飲んでくれてます。



オマケ。



姫ってやっぱり胴長~い ( ̄∇ ̄)




参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは^ ^
ヘマトは今回もググッと上がりましたね!
肝臓は仕方のない事とはいえ心配ですね。
ステロイドの投与が長くなると必ず影響が出るって聞いたんですが、うちもそのうち出るのかな〜(-。-;見越してグリチロンは飲ませてますが…。
姫ちゃん、お薬の効果が出て少しでも数値が下がりますように。

うちも薬はわけわからなくなります(笑)
朝晩食後、食間、一日置き…毎日記録してる手帳を見て確認しながら準備してます^^;

お薬代もうちも毎日千円くらいです〜。吐き出されたらたまんないです(笑)ミートローフ美味しそう!うちは基本はご飯に混ぜて、シクロスポリンはベビーフードのプリンやゼリーを使ってます。特別感が出るし包まれるから臭いがしにくいみたいで何とか一口で行ってくれますがこれでダメなら強制でしょうね〜。たぶんそのうちそういう日がやってくると思います(^◇^;)憂鬱〜w
hiro URL 2013/08/07(Wed)12:37:30 編集
Re:無題
ウチは旦那もご飯をあげてくれるので、壁掛けカレンダーに書いて投薬日管理してます (^_^;)
本っっっっっ当に、薬だけで大混戦です オロオロ (・_・ )( ・_・) オロオロ

幸せのしっぽのために、からの情報によると、シクロスポリンは、凍らせてからあげると、嘔吐の副作用が抑えられる、とか。

ゼリーも、犬用のオヤツで、夏は凍らせてシャーベットで食べさせられるゼリーが有るので、そういったのも活用できるかもしれませんね。

このゼリー、ウチのワンズはメチャクチャに大喜びして食べてます。
…………ウチも活用できるかも!
【2013/08/08 22:56】
こんにちは
すごいなー \(^o^)/
こんなに貧血の値がよくなるんですね!

肝機能はうちも高くてグリチロン飲んでいます。
我が家は初期で数値も悪いので1日3000円かかっているんですって・・・(泣)
プレロン錠は体重あたりの最高7錠飲んでいます。
お薬だけでもヒョイヒョイ食べてくれる食いしん坊ですので本当に助かります。
一番高いシクロスポリンだけは食間なのでワンコ用ケーキやスイカに混ぜて特別っぽくジラしてありがたく食べさせています(笑)
ミートローフもいいですね♪

お団子ガン見の姫ちゃんが可愛い~
ふらりん 2013/08/07(Wed)14:22:21 編集
Re:こんにちは
>すごいなー \(^o^)/
>こんなに貧血の値がよくなるんですね!
>
なりますよ~♪
フラン君も、頑張ってるから、きっと大丈夫です!

一緒に笑って秋を迎えられます様に。

シクロスポリンは、本当に皆さん、苦労してますね……
これは人間にも有る病気(難病指定)なので、人間の方でもう少し研究が進んでくれたら、ワンコの治療にも転用できそうなのに。
もう少し、安心安全な治療法が見付かってくれる日が来ると良いですね。
【2013/08/08 22:55】
無題
はじめまして。トイプードル4歳のアリスが6/3に自己免疫溶血性貧血と診断され、輸血をしたけど思わしくなく、大きな病院に転院になり特殊注射ガンマガードという注射をして、プレロンとアトピカ、グリチロンをふくようしてます。現在は薬の量も減ってきて安心していたのですが、WBCが5.26になってしまい。また検査です。家の子は小さいので1日500円位ですが、検査費は結構かかりますね。
姫ちゃんお薬が効くと良いですね。
アリスまま 2013/08/09(Fri)00:17:29 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。

発症から2ヶ月だと、まだまだ気が抜けない時期ですね。
免疫の抑制をしているので、どうしても感染症などには弱くなってますから、色々と心配になります。

そういった事も含めて、私達の経験が、アリスままさんの参考になれば幸いです。
アリス。
ウチの先代ラブの名前もアリスです。
まだ4歳。
病気を乗り越えて、長生きして貰いたいと願います。

このブログからリンクを貼らせていただいている、”幸せのしっぽのために” というサイトさんが、IMHAについて取りまとめてくれています。
多くの症例も紹介してますし、掲示板にも経験者が集まっていますので、とても参考になります。
お時間がありましたら、ぜひ見てみて下さい。

かわいいワンコの笑顔の為に、皆で一緒に頑張りましょうね。
【2013/08/09 00:55】



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]