忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
2012/04/14 (Sat)
はい、今日も付き添いではありません。
血液検査が良くなかったので、本日、朝食抜きでの再検査。
 
元気な連中なので、タイミング別々でご飯を食べさせるのは、どう考えても難しいよな~……(^_^;)
 
と、いう事で、2匹揃って、朝食抜き。
病院が開くのを待って、検査。
 
 
GPT AST の数値が(基準値17~78)前回127、今回136
で、やっぱり少し高い。
 
前回、たまたま単発で、という訳ではない様だ。
でも、まだ、深刻な数値でもないし、他の数値は全く問題無いのだ。
 
 
取り敢えず、タチオン100mgを、1日2回、2錠ずつ。
2週間後のもう一度、やっぱり朝食抜きで検査だそうだ~ (>_<)
 
予想外!
狂犬病の予防接種、アリスもちょい延期~ (゜◇゜)ガーン
 
20120414alice_kusuri.jpg 
ってか、なんじゃ、この薬の量!
どっちゃり…… (ё_ё)
 
 
 
そーだよなー……体、デカイもんな~ (^_^;)
アリスに薬飲ませる事って、フィラリア予防以外では久しく無かったから、ちょっち驚いた ( ̄∇ ̄)
 
早速、帰宅後すぐの、ちょっと遅めの朝食から、薬も開始。

拍手[0回]

PR
2012/03/24 (Sat)
はい、今日は付き添いではありません。
フィラリアの検査のついでに、アリスも健康診断で血液検査。
もう、11歳のご高齢犬なので、ガッツリ全項目検査して貰うことに。
 
採血……
 
先生「ほ~ら、アリスさん、姫さんは毎回こんな事してるんだよ~、楽しくないでしょ~? (^^ )」
 
先生、それ、宥めてる事になりまs……いやいや…… (^_^;)
 
 
 
フィラリアは陰性で、こちらも問題無く1年分もらうとして……
 
 
ぬ!?
GPT AST の数値が基準値上限の2倍くらい。
 
これは、1ヶ月後くらいで、再検査をしましょうね、と。
その日には、朝食を抜いてきて下さい。
 
は~い(*^▽^*)
 
 
 
…………ん!?
 
んん?
 
朝食抜き!?
 
 
 
……………………どうやって、姫だけにご飯食べさそうか? (>_<)
 
 
狂犬病の予防接種と一緒に行こうと思う。
今年は、姫は延期だろうな。
 
 
さらにコッチもついでに。
ここ数日、なんだか、やけに涙が出てる。
パパちゃんも花粉症でズビズバ……
 
犬も花粉症が有るというし、もしかして……?
 
と、心配したのだが、涙を顕微鏡で見てみると……
ありゃりゃ、雑菌がいっぱい。
 
花粉症なら恒久的だけど、雑菌なら、しばらくの治療で収まる筈。
良かった~(*^▽^*)
 
白内障の進行遅らせる目薬と時間をずらせば併用で大丈夫だと、抗菌目薬を処方してもらいました。
これで、しばらくは様子見です。
 
早く良くなってね♪

拍手[0回]

2012/02/02 (Thu)

名古屋でも、今日は流石にガッツリ降りました。
滅多に降らないので、これでも十分、この地では大雪です。
日中に雨に変わらず雪のまま降り続いてるのも珍しい。
と、言っても午前中だけで止んで、午後には陽が射してきたけどね。

ゆ~きや こんこん あられや こんこん
ふっても ふっても まだ ふりやまぬ

 

この後、何デシタッケネ……?

イ~ヌは こたつで まるくなる ……? ( ̄∇ ̄)


姫は玄関開けたら、何となく(微妙な表情だね~)雪の中に踏み出したけど。
IMG_2756.jpg

アリスは玄関開け放して呼んでも、板間から外を覗うだけで、三和土にすら降りない。
IMG_2759.jpg

なんなんでしょうね~ (*゜∀゜*)

寒いだけなら元気なのに、何故か雪は嫌いらしい(?)


 

さて、夕方辺りから、屋根の雪がドサバサと凄い音で落ちてくる。
あまり経験が無い音なもんで、人間も犬も、ちとビビリぎみ (^_^;)

それにしても、これは明日の朝が怖いな~……
コチコチのパターンだよねぇ (^_^;)

拍手[0回]

2012/01/15 (Sun)
鏡開きの時期ですが、その餅でなく……
 
 
近頃、急にアリスの様子が変わってきた。
 
あ~……簡単に言えば、
我が儘になった?
 
これまで要求吠えなんか、殆どした事がなかったのに、妙に吠え出した。
甘え方も、これまでには無い感じ。
 
11歳という年齢を考えると、これはマズイ傾向か!?
 
 
……と。
 
 
いうわけで、本日はアリスも健康チェックを。
 
 
 
「あぁ、うん。
10歳越えると、頑固になるワンちゃんも居るって、確かに言うけれどね。
 
でも、アリスさんの場合は、単なるヤキモチですね(キッパリ!!)
 
先住犬だし白内障の事も有って、これまではどちらかといえばアリスさんの方に手を掛けてたのが、この1年は逆転しちゃったでしょ。
物凄い頻度で姫さんだけ、お出掛けしてるもん。
夏辺りから、週1回が続いちゃってるし。
 
病院に来て、毎回注射されてるなんて、アリスさんは考えてもいないだろうし。
毎回ビスケット貰って、それなりにご機嫌で姫さんは帰って来るし。
そうすると、アリスさんから見れば『姫さんだけがこっそり良い所に行っている』ってなっちゃって、おもしろくないでしょうねぇ。
 
帰ったら、しばらくはアリスさんとめいっぱい遊んで、ご機嫌取ってあげてみて下さい。
 
はい、白内障以外は、至って健康です!(*^▽^*)」
 
白内障も、進行はかなり食い止められていて、良い調子。
体調的には、絶好調!
 
 
 
安心するやら、申し訳ないやら……
 
 
 
アリスといえば、若かりし頃はそれはそれは凄まじき破壊神ではあったが、基本、聞き分けよく我慢強く、マイペースでおおらかな犬だった。
覚えも早くて、躾では苦労した事が無い。
子犬の姫がやって来た時も、傷だらけになる程囓られても、耐えて、よく面倒を見てくれた。
姫ってば、成犬になる頃までは、人間よりもアリスにベッタリとくっついて歩いてたし。
 
そもそも姫だと、力業で解決できちゃうから、アリス程には躾に本腰入れていなかったりする……
んだけど、これがアリスのする事を見て育ってるから、アリスに出来る事は、大体のレベルで勝手に出来る様になってくれた(時間はものすご~く、かかったけど……)
 
色んな意味で、楽させて貰ったね。
 
そんなだから、姫は勿論、よその犬触ってても、アリスは全然ヤキモチなんか、見せた事が無かったし。
(姫は激しいけど……コッチは普段から、アリス構ってると『自分も構え』と激しく自己主張して見せる)
 
 
 
アリスは妬かない子なんだ、と、思い込んでたわ。
留守番だって、アリスは独りでも平気なんだ、と。
 
でも、言われてみれば、当然なんだよねぇ……
 
別に蔑ろにしていた訳ではないとはいえ。
確かに、いくらなんでも、アリスにだって我慢の限界くらい、有るでしょう。
 
……というか、よくよく考えてみると、よくぞ1年も堪え忍んだよなぁ。
 
まだ当分、姫の通院は続くから……
これからもいっぱい我慢して貰わなきゃいけないけれど、これからは今まで以上に構ってあげるからね。
もちょっと、我慢してね、アリス。

拍手[0回]

2011/11/05 (Sat)

アリスが11歳になった。
随分元気なおばあちゃんである(*^▽^*)
白内障以外は病気知らず。
 

油断すると痩せるので、フードは未だに全年齢用。
サプリのおかげもあるのは確かだろうけど、毛艶はぶっちゃけ姫よりも良い位。
毛質が違うから単純に比較できるものではないけど、ペカペカ、艶々♪
IMG_2543.jpg

目は真っ白で、お腹や首の肉は重力に逆らえず垂れてきてるけどね。
そして、白髪は増えたなぁ……流石に……

コッチは10年前の写真。(子犬の頃の姫、陸よりもよっぽど酷い……( ̄∇ ̄))
77fb80b3.jpg
並ぶとやっぱり、年はとったな。
(鼻周りと目の周りの白髪が目立つ)

でも、まだ大概の人が、

「まだ若い犬?」
と言ってくれる。

一人だけ、小学生の女の子が、初見で
「年寄りの犬ですね」
と言い当てた。
更には、ちょっと待って下さい、と言い置いて、数歩離れてじっと体型を見て、
「メスですね」
お見それしました!
私も体型で雌雄のおおよそは判るけど、一応コレでも生涯飼育数5匹。
雌雄どちらも飼って、気付いた。
(因みにオスは胸板が厚く、腹部のくびれが大きい。メスは寸胴。標準体型で無いと見分けるのは難しい)
聞いてみると、なんと家には8匹もの犬が居るそうだ!
小学生にして、既に飼育経験豊富。
お見それしました!


それは、ともかく。
このまま元気で長生きしてね、アリスw

拍手[0回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]