忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608
2014/06/26 (Thu)
昨日の散歩の帰り道から、ぼたん が右目だけをしょぼしょぼとさせていた。
完全に目を瞑ってしまう程ではないのだけれど……

帰ってから改めて見てみると、充血している。
でも、いくらか時間が経っても目やにはあまり出てないので、姫が目を怪我した時と比べれば、程度は軽い様に思う。

掛かり付け医が休診日な事もあって、今朝までは待ってみる。

今朝は充血も引いて、なんとも無い様に見えるが……

目の怪我は怖い、と姫で散々思い知らされたからな~……
(姫は眼球にガッツリ傷がいって、縮瞳剤を使っても瞳孔が散大したまま全く動かなくなって、緑内障に至り……しかも眼圧下げる薬が合わなくて四苦八苦……)

『迷った時には、とりあえず病院行っておけ』
ってのも。

と、いうわけで。
幸い今日は天気も曇天で比較的涼しいので、散歩がてらに行ってみる。
申し訳ないが、ハチには留守番してもらって……



うん。
やっぱり行っておいて正解。
病院に着く頃には、血行が良くなったせいで再び充血して、それに伴って違和感が有るらしくて目をしょぼしょぼさせてる。

検査して貰うと、案の定、傷が (T-T)

とはいっても、今回はほんの表面にうっすらボンヤリと擦り傷が出来てる程度。
傷は傷なので感染症対策は必要だけど、それさえ管理出来て傷が治れば、後は大丈夫そう。


と、いうわけで。
目薬です。



抗菌剤の点眼薬:オルカビット
抗炎症点眼薬:ジクロード

充血等落ち着いてからも1週間は続けて、1日3回~
1種類点眼後、15分以上の間隔を開けて、他方を点眼


不幸中の幸い。
怪我をしたのがハチじゃなくて良かった。
ハチは未だに目薬は大嫌い。

ぼたん 用の目薬見て、大慌てで逃げ惑うくらいには (^_^;)

その点、ぼたん は素直に点眼させてくれて助かる。

でも、意外と、犬も本当に治療が必要な時ってのは分かるのか、いざという時には素直に治療をさせる事が多いように思う。
ハチも、そんな時が来れば、点眼させてくれる様になるかな~?
や……そんな事態にならないのが一番良いんだけどね。

なにはともあれ、ホッと一安心。



本犬はな~んも変わらず暢気なものです σ(^◇^;)




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お大事に
フラマロは幸い目薬が必要な疾患は未体験です。
ぼたんちゃん、早めに行ってよかったね。
私も同じく心配なことは即、病院へが鉄則になっています。
重病でなくても安心料に思えます。
難病を告げられた時のショックが余程コタえているんですよね (^^ゞ

ふらりん 2014/06/29(Sun)19:02:56 編集
Re:お大事に
発症当初の経験もそうなんですけど、姫の場合は、その後も体調の乱高下が激しかったので…… σ(^◇^;)

毎回、回復する時にはV字ターン、が定番でしたけど、悪くなる時にもいきなりガクッときて大慌てするのも定番で…… (;。;)

なので、行くかどうか迷う位なら行っておけ、何も無ければそれはそれで良いじゃん、になっちゃいましたね。
笑い話だったパターンも何度か有る事は有りますけど、殆どは「行ってて良かった~」と思えたので、尚更ね。
【2014/06/30 10:26】
<< 車選び■ HOME ■ お久しぶりです >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
[02/21 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]