忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2014/01/06 (Mon)
本来の掛かり付け医が本日より始まったので、早速ハチを連れて。

昨晩の薬で、臨時病院から貰った薬は終わっているので、薬の切れた今朝はまた咳が出ているので、早めに!



再開したばかりなもんだから、患畜さんが多くて、ゲホゲホいってる大型犬はちょっと心苦しい気もしたのですが……
(今日は小さな患畜さんばかりだったので)
車で待とうにも、最近の病院嫌いのせいで、車に乗せてしまうと、今度は降ろすのが大変。
外は寒いし。
ごめんなさい<(_ _)>



で、いよいよ、恐怖の診察室 (^_^;)

体重32.7Kg
4匹でめちゃくちゃに動き回っているので、正月でやたらに食べる量が増えても(デザートとかオヤツがね、明らかに増えてるね)犬達の体重は全く増えないどころか、うかうかしてると、減る。
………………羨ましすぎる。

いやいや、それはさておき。

がたがたブルブル診察台で震えるハチに苦笑しつつ、ざっと診察して貰い。
今の時点では、薬が効いている間は、随分と咳も軽くなるし、咳き込みの発作も短時間で済むけれど、薬が切れると最初の頃と変わらない位の勢いで咳き込んでいる旨、経過報告。

因みに2日の初診でもそうだったんだけど、今回も、咳をしている様子を撮った動画を先生に診て貰っている最中に、本物の咳をして
「あぁ、はい、もう良いですよ~」
と……

で、結果。
やっぱりコチラの先生もケンネルコフの診断支持。

「心当たりは有りませんか?」
「いやー……特には……? 強いて言えば、海に飛び込んだり田んぼの水溜まりに飛び込んだり?」
「え!? 正月に海!?」
正確には年末……
「うーん…… (^_^;) いくら水が好きな犬とはいえ、今の時期に海に飛び込んじゃったら……仕方ないような……?」
えーーーーー!?

いやいやいやいや……

具合が悪くなった時に、実家の親からも
「海入って、たんぼ入って、それをまた外の水道なんかで洗うから、風邪ひいたんじゃないの!?」
と実は咎められ……
「寒さにも暑さにも強い、起原はウォータードッグな犬種だよ。しかも2~3歳って、一番元気な頃で体力有り余ってる大型犬なんだから、それっ位で風邪なんて……」
って、反論してたんですけど……

え!?
もしかして、私の所為ですか? (;゜ロ゜)//
↑外の水道で洗った張本人……



えーと、えーと…… (>_<)

それは一旦おいといてぇ!

取り敢えず、薬は変えてみて5日程様子見ましょう。
良い反応が出れば、2週間程で良くなるでしょう。
変わらない~悪化するなら、他の可能性も考えて検査の追加が必要になるかも。
という事で、

抗ヒスタミン剤:アタラックス2.5mg
咳止め:フスコデ
抗生物質:エリスロシン錠200mg
各1錠を1日2回


今日の所はインターフェロンの注射を1本打って、震える程びびってるのが気の毒だから、と診察台から早々に降ろして貰って、終了です。



ところで、ハチと ぼたん はペット保険を掛けてます。
アリスと姫の当時は、まだ年間の使用回数制限が有ったので、大したメリットなくて未加入。
回数制限が撤廃されたので、じゃぁ、とパンフレットを貰って来て検討中に姫が発症して加入出来なくなったので、今更アリスだけ掛けてもねぇ……で2匹共未加入で終わった。

ぶっちゃけ、医療費は、か~な~り~、しんどかった。
ペット保険のTVコマーシャルで、皮膚炎で12万を「どーしよ~(;。;)」ってのを見て、
「安いもんじゃん」
とか思ってしまう位。
医療費に対しては金銭感覚バカになってる自覚は、一応有る。
なにせ、2年9ヶ月で掛かった医療費はほぼ200万だもの。
(その間にアリスの医療費が加算……僧帽弁閉鎖不全症と、最後の子宮蓄膿症からの腹膜炎。最後の数ヶ月だけで、ざっと50万くらいかな)
そら、感覚もおかしくなろう……

で、一応、ハチには保険を掛けた。
取り敢えず、50%保証のコース。
ぼたん は、契約最初の1ヶ月は全額保証→50%保証(ハチに合わせて)のパピー専用契約。
それぞれの掛け金、26,000円(年間)前後。
今回のハチの件では既に約16,000円を保険で賄っていて、この後も2~3回は受診する事になるだろう。
おそらくは、ほぼチョンチョンになると思われる。
ぼたん の方も、迎えた初日の健康チェックでケンネルコフの診断付いて、約18,000円を初っぱなから保険負担して貰えた。

今の時点では赤字なわけだが(当然、使わずに済むに越した事はない、とは思う)それぞれの生涯で見たら、勿体ない物でもないかもしれない。
アリスの生涯振り返って計算してみると、元は取れそう……
繰り返すが、使わずに済む方が、ありがたいんだけどね!

というか、お願いだから、ハチも ぼたん も、健やかに、生涯穏やかに生きていって下さい <(_ _)>

元なんか取れなくたって、そんなんは結局大した問題じゃない。

病気の姿を見続けるのが、やっぱり1番辛い。
だから、どうか、健康な生涯を!



※入るも入らないも、飼い主の価値観です。
皆様、ご自身で、よーくご検討の上で、結論は出して下さい。




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[5回]

PR
2013/12/20 (Fri)
探しまくって見付けた、ハチでも簡単には噛み破れないボール、その2♪

これはどちらかといえば、ぼたん や実家のジャック兄妹を意識してみた。

商品名、見たまんまの、エッグ ミニ。
因みに、スタンダードは、この倍のサイズ。



固いプラスチック製で、噛もうとしても、当たり方が悪いとハチの大口でもすっぽ抜ける。
(うまく噛めば、持ち上げられるのは流石だ…… (^_^;) )
軽くて固いので、か~な~り~転がる。
この卵型のおかげで、動きが変則的だし。

結構、夢中でおっかける (*´∀`*)





でも、実は、ぼたん は家の中では、このオモチャ、大嫌い。
壁に当たる音が大きくて怖いみたい。

ドッグランでだったら、ハチを追い払ってでも、エッグは渡さない!
骨を抱え込むのにも近い位の執念 ( ̄∇ ̄)

買って正解?



取り敢えず、当面は、ラン専用だな。



ところで、本日は、またまた夕方以降から雨だという予報だったので、雨の合間の今のうち! と、大急ぎでやって来た、いつものラン。
雨が降ると閉じこもりになっちゃうから、と、同様にやって来ていたお友達もちらほら。

ぼたん の尻に敷かれてしまって大人しいハチも、おかげさまでシッカリと、走らせて貰って来ました♪



あまり雨が続くと辛いねぇ……

……そろそろ年末だねぇ。
晴れていればハチと ぼたん に逃げ、雨が降れば洗い物が乾かない、と逃げ……
現実逃避ばかりもしていられない日程だねぇ…… σ(^◇^;)


参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[7回]

2013/11/13 (Wed)
例によって、緑地公園内ドッグランで一頻り遊んだ後、ワンズのご飯を買いに。



今日はマグロのアラ(これは湯がして骨を外します)とか血合い(こっちは生でいける)を。

で、オヤツも一緒に。
鹿の骨(生)!

ちょっと久しぶりな大好物に、車の中でもソワソワと落ち着かなかった(結構強い匂いがするからね……)ハチの為、首輪もハーネスも外さないまま、おやつタイム突入!

ぼたん は未だにガムには興味なし、アキレスは半分遊びながらしゃぶる位はし始めた程度なので、初見の骨は囓らないんじゃないかな~……?

と心配だったので、まずは興味を持ってくれたら良いな、の様子見のつもりでハチだけに1本。

ところが、要らぬ心配だった様で……



初っぱなからいきなり、ハチの骨を強奪に行った Σ(゜ロ゜屮)屮
しかも、すんごいド迫力!
いや、ビックリ(笑)
姫に続いて、ぼたん も “野生の王国” のハイエナ並み!?

ハチも驚いたらしく、うっかり骨を手放し、飛び退いちゃった σ(^◇^;)
(こういうのは大体メスの方が強い)

慌てて回収してハチに返却すると、大事な骨と共に、そそくさとバリケンにお籠もり (^_^;)
よっぽど衝撃だったんだろうねぇ ( ̄∇ ̄)



ぼたん にも1本ちゃんとあげたから、お願いだから出て来ておくれ。
そのクッション、後始末が手間だから~ (;゜ロ゜)





で、こうなった……



………………まぁ……バリケン内のクッションよりは、洗濯は楽だから、良いか……
(犬用に、半分に切ってある使い古した毛布だから)

生なので、それなりに汚れます。
押さえつけたりもするから、血が付いたり……

これはもう仕方ない。

犬部屋には防水のクッションマットが敷いてあって、床で食べてくれると、ぞうきん掛けだけで済んで簡単なのよ (o゜▽゜)o



そうそう、そんな感じで お願いします (*´∀`*)





と、思っていたら、だんだん移動して、最終的には……



ある意味、後始末は非常に楽よね。
汚れたシートはポイすりゃ良いんだから。

でもね、家中あちこちに、もっとずっと気持ち良い寝床(毛布とか)を用意してあるのに。
ショップでの習慣!?
トイレスペースを寛ぎ空間にしないでほしい…… (-_-;)



それにしても、初めてなのに、随分と熱心にかぶりついてくれたね (@^▽^@)
気に入ってくれて、良かった、良かった。

因みに、歯磨きガムなどは、『バキッ!!ゴリ、ゴックン』で、お終いで歯磨きの役には立ちません。
少なくともアリスと姫には全く効果無かったので、ハチにはあげたことが無い。
そんなんよりも、経済的で歯磨き効果抜群なのは、やっぱり、コレでしょ♪
牛でも鹿でも生でも燻製でも湯がいても、何でも良いんだけど、大きな骨が良い。
ガリゴリと前歯も奥歯も満遍なく使って囓れるから (@^▽^@)
(注意:噛み砕いて、丸呑みしちゃえるけど消化不良起こしそうな半端なサイズになった欠片、割れ口が尖って危険そうな欠片は、全て速やかに回収して捨てます)

アリスも姫も、12歳で亡くなるまで、1本の歯を欠かすこと無く、歯石知らずの奇麗な歯を維持出来てたのが証拠です。



いっぺんには食べられないので、適当な所で回収して、今日はおしまい。
(“頂戴” の躾は必須です)
また明日~♪





参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[8回]

2013/04/12 (Fri)
このたび諸事情により、ハチ用のバリケンを購入。

なにぶんにも、ケージすら無い我が家なので……
サイズ選択の目安すら分からず、アドバイスを頂戴した。

・バリケン内でフセをした時に、足を折り曲げずにフセができる奥行きがある。
・中で立ちあがった時に天井に体が当たらない高さがある。
・奥行き、高さ、ともに余裕があり過ぎない(広過ぎない)もの。

その基準でいくと、ハチの伏せした長さが1m、体高65cmなので……
XLサイズのバリケンが適当である、と……

それにしても、数字だけで見ても、デカイよなぁ……
大丈夫なのかな、コレ…… (゜_゜)
レビュー見ても、
「かなり大きいです。サイズは記載されていますが、実物を見ると本当に大きいと思います」
とか書いてある。

不安を覚えつつも、発注。




それが、届きました。

宅配のお兄さんが、トラックに荷を取りに戻りながら
「どうしよう……」

ノンっ、と出て来た箱は……

確かに、「どうしよう……」だ (;゜ロ゜)



どうにか犬部屋まで入れた箱は、こんなんで。



どうやって開けて、中身を出そうか、うっかり途方に暮れてしまう (^_^;)



眺めていても仕方がないので。
えいや、と、開けてみれば、今度は大量の緩衝剤に呆然。



まぁ……空間だらけだもんね、バリケンだから。
緩衝材の処理だけで日が暮れそうだ……
(結局、45ℓのゴミ袋一つが満タンに。全てカッターで切って空気を抜いた状態で)



よ~~~~~~やく、出して見たけど、ハチの反応は予想通り。

「何、ソレ? (O_O)」
へっぴり腰で、遠巻きに ( ̄∇ ̄)

うん。
お前さんは、そうだろうね ( ̄∇ ̄)


想定範囲内なので、まだ扉は付けません。

と、いうか……
上下のパーツを重ねて乗せただけ。
ねじ止めもしてません。


だって、移動させようと思ったら、これ組み立ててからじゃ、無理だよ、きっと (^_^;)



それは兎も角として、出来るだけ快適そうに、まずは毛布を入れてみる。
続いて、大好きな、鹿肉ジャーキーをばらまいてみる。
ハチをオモチャで釣ってみるが……


肝心のハチは、なかなか近付けず。

代わりに、ばらまいたジャーキーは、姫が全て、美味しく食べ尽くし。



うん、姫だからね。
そーなるだろーねー ( ̄∇ ̄)
物怖じしない子だからね。
初めて見る物でも、大概平気。
そして、何より、食い意地が優先! (@^▽^@)



やむなく、少し離れた所で遊びながら、少しずつ、近付いてみる。
一旦、怖がらせてしまったが最後、きっとハチは二度とバリケンには近寄らなくなる、と思うので、慎重に。

へっぴり腰ながらも、ふんかふんかと匂いを嗅ぎ始めて、しばし。

今度は、豚耳を放り込んでみる。

姫には、別で豚耳を渡しておく (*´∀`*)



それで、ようやく、入ってくれた。



最初は立ったまま、まだビクついていたけれど、豚耳食べ終えてしばらくしてから“伏せ”をさせてみたら、どうにか、落ち着いた。



デカくて途方に暮れようと、やっぱりこの大きさが必要なのは、ハチが実際に入ってみると、よく分かる。
サイズ選択は、間違ってはいなかった。



「ここで、大人しくバリケンに入って待ってられるのが、理想ですね♪」

はい、おっしゃる事は、よ~く分かります。
理想は理想として、その通りだとは思うんですが……



これ、

持ち運び、無理っぽいんですけど……?

部屋から出す事は勿論、車に積み込むとか、一人ではどうもこうも、やりようが思い付かない。





_| ̄|○



なんか、すごい挫折感だ……



これ、持って行くの諦めて、このまま犬小屋ってことにしちゃ、ダメですか? (^_^;)




参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓


拍手[4回]

2013/04/04 (Thu)
目を怪我しちゃった姫、昨日は眼圧を下げる薬を休み、今日は飲んで。
1日置きの投薬、お試し中。
比較的に、状態は良い様です。
体温も37.6℃あるし。
ただ、努力性の呼吸はずっと続いていて、あまり動きたくない様子。

なので、今日も、姫はお散歩お休みです (´д`)




ハチは、今日も元気に、行って来ます!

近頃、大型犬率が格段に上がっている、いつもの広場。
それでも、怯まない元気な小型チーム、めちゃくちゃ楽しそう♪




大型軍団は、オヤツに群がってます…… ( ̄∇ ̄)

ハチの得意技。
ジャンピングキャッチ!




あ、頑張ってカメラを構えていたけれど、肝心の頭が映らなかった (;゜ロ゜)
もう一枚!




オヤツの為なら、頑張ります!
のハチの図。

コレは便利で、大勢のワンコが群がっていても、割り込まずともオヤツにありつける。
横取りの被害にも、殆ど遭わない。

殆ど。

難点は、時々失敗する事。
はじいてしまうと、さぁ大変。

皆、目敏いから、飛んでいった先に我先にと猛ダッシュ (@^▽^@)

結構、負けてます σ(^◇^;)



ところで最近、ハチのハーネスが変わりました (@^▽^@)

ハチってば、後退るクセが有るんですもの。




↑この以前のハーネスでは、すっぽ抜けてしまって…… (;゜ロ゜)
先日、スッポン! といって、土手を駆け上がってしまって…… (――;)

ヒヤヒヤものなので、買い換えました。
犬友さん推薦の、ビヨルキスというブランドで。

評判通り、すっぽ抜けません!
これは、凄い。
着脱も楽ちんです。
良い物を教えて貰えました♪


お役御免になったハーネスは、↓元はアリスが使っていた物なので。
アリスに返そうね。




2代に亘って、よく働いてくれました。
殆ど毎日、30Kg前後も有るパワフルな犬達に付き合ってくれたんだよね。
ありがとう、お疲れ様。

何かの時には、また臨時出動して貰うかも (@^▽^@)
その時は、よろしくね。


参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[3回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]