忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2014/06/20 (Fri)
ウチに来たばかりの頃のハチと ぼたん には、それぞれにちょっとヘタレな部分が有りました。

ハチは筋力不足で、歩くのもエッチラおっちら。
走ろうとして足が縺れて(小学校の体育の授業のお手本になりそうな)奇麗な前転を披露した事もある (^_^;)
(横倒しは普通だけど、犬が頭から転がる姿を他に見た事が無い…… ( ̄∇ ̄) )

ぼたん はオモチャが怖くて近寄れもしない有様。
笛吹きオモチャなんて、ピフっと鳴ったら、ダッシュで逃げて、暫くは警戒態勢を解かない位に大嫌い。
鳴らないオモチャを探して買って来たり、手作りしたりして、必死になってオモチャで遊ぶ事を誘ってたものです ( ̄∇ ̄)



それぞれ、そんな感じで、私達の目標は
『腕白でも良い、逞しく育って欲しい』
だった。



うん。
良い感じになって来たんじゃない?

ハチは3時間のトレッキングさえルンタッタ♪ と平然とこなせるだけの筋力・体力がついた (*´∀`*)
ジャンプ力も凄いんです!
(↓ 先日の他犬種オフ会の様子)



ぼたん も、すっかりオモチャ大好きになった♪
(↓ 先日の他犬種オフ会の様子)



うっはっは♪

とか、喜んでいたんですが……



骨をあげてから数分もしないうちに、ゴキンっ、と異様な音がして慌てて振り返ると、早々にパッキリと噛み折られてたり Σ(゜д゜)



煎餅ではないので、出来ればも少し、じっくり味わって楽しんでほしい (^_^;)



ぼたん のオモチャ好きも……



↑ この黄色い破片の正体は……
↓ コレです!



シャウティングチキン、ガーコちゃん!
(買ったのは32cmですが、他にも19cmと43cmが有るそうです)
元はこんな格好してました σ(^◇^;)

開封して、最初の一鳴きで、2匹とも、ガーコちゃんの虜になってしまって。
2匹で取り合いが始まって……
最初はガコガコ、うるさい位に鳴いていたガーコちゃん、僅か10分程で、足先が千切れて鳴かなくなってしまった (;゜ロ゜)
(千切れた足先から空気が抜けちゃって、笛が鳴らなくなった)

それでも、2匹のガーコちゃんへの愛は変わらず……

そこから更に数分で、哀れなガーコちゃんは真っ二つに…… (――;)

数日後には ↓ こうなって……



(この辺から、もうハチは見向きもしなくなった)

最終的には細切れに……



これは、アレかな……?
”腕白” の丁度良い所、通り過ぎちゃったかな!? (^◇^;)



どうでも良いオマケ。
卵を割ったら、黄身が双子だった!



(一番大きな黄身が通常の卵黄。小さいの2つが双子の卵黄)
今日はついてるかも!?




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[3回]

PR
2014/02/20 (Thu)
わんにゃんドームで買ったカバンです! (@^▽^@)



なんだかんだで今の所、移動中はちゃんとカバンに収まってジッとしているので、ぼたん も気に入ってくれてるのかな?
(まだ完全には閉じ込めていないので、公園に着いたとき、家に着いたときは自力で這い出してくる)

何より!
やっぱりハチの為には良かった。

これで ぼたん に遠慮して隅っこで小さく丸まってた車中生活とはおさらばだ!
これからは、ゆったり伸び伸び、落ち着けるね。

このまま ぼたん が、おとなしくしていてくれます様に…… (^_^;)




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[6回]

2014/02/07 (Fri)
明日の大雪予報の為に、気象庁が緊急会見まで開きましたね~……
その割には、今日の日中は意外と暖か?

犬達はともかく、人な母ちゃんには、有り難い~♪

といつもの緑地公園へお出掛け。
この季節の山(という程ご大層な物でもないけど)は楽しい。

夏はね……
なんぼ管理された公園内といえど、やっぱり至る所に 『まむし注意』 とか 『スズメバチ注意』 とか有るわけです。
遊歩道や、ガッツリ踏み固められた形跡の有る所から外れる勇気は出ない。

その点については、冬は一切心配無用。

わずか~に踏まれている様な気がする、という程度の場所を辿って行ってみる。
「あ、ここに出るんだ~……って、ぐるっと回って戻ってきちゃったんじゃん!」
って事も結構有って笑える。

時には……



これはいくらなんでも行き止まりでしょう……

って、事も有りますが、ご愛敬 ( ̄∇ ̄)



で、こういう所の方が、ハチは断然楽しそう (*´∀`*)



ぼたん も短い足で、頑張ります。



どっちも、街中での散歩とは、全然違う。
土の感触が良いのか、楽しそう♪



そして、それはそれ、これはこれ、なドッグラン。



年中脱げない天然コート着た君らは、本当に冬は底なしに元気だね。

それにしても、昨日のハチの濁った目やには、やっぱりここの砂が原因かな?
帰る頃には、たいがい2匹共、砂混じりの涙流してるからね。

今朝にはもう普通に戻っていたので良かったけれど、やっぱり心配だから、これからは帰ったらちゃんとケアしとかねば。
教えて貰ったアイコットンを、早速薬局で買ってきた。



とっ捕まえられて嫌々さされる目薬より、よっぽどハチにもストレス無しで、ケアしてあげられるよね、コレなら。
1シートで十分に、両目の周りを奇麗に拭いてあげられます。
うん、こりゃ、良いや♪
愛コットン、ということで♪

……つか、全く抵抗されないので、とっても楽チン (笑´∀`)
そこ、大事ですね!


さて……満足したね。
明日は、家の中で大人しくしててね~ (笑´∀`)




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[4回]

2014/01/06 (Mon)
本来の掛かり付け医が本日より始まったので、早速ハチを連れて。

昨晩の薬で、臨時病院から貰った薬は終わっているので、薬の切れた今朝はまた咳が出ているので、早めに!



再開したばかりなもんだから、患畜さんが多くて、ゲホゲホいってる大型犬はちょっと心苦しい気もしたのですが……
(今日は小さな患畜さんばかりだったので)
車で待とうにも、最近の病院嫌いのせいで、車に乗せてしまうと、今度は降ろすのが大変。
外は寒いし。
ごめんなさい<(_ _)>



で、いよいよ、恐怖の診察室 (^_^;)

体重32.7Kg
4匹でめちゃくちゃに動き回っているので、正月でやたらに食べる量が増えても(デザートとかオヤツがね、明らかに増えてるね)犬達の体重は全く増えないどころか、うかうかしてると、減る。
………………羨ましすぎる。

いやいや、それはさておき。

がたがたブルブル診察台で震えるハチに苦笑しつつ、ざっと診察して貰い。
今の時点では、薬が効いている間は、随分と咳も軽くなるし、咳き込みの発作も短時間で済むけれど、薬が切れると最初の頃と変わらない位の勢いで咳き込んでいる旨、経過報告。

因みに2日の初診でもそうだったんだけど、今回も、咳をしている様子を撮った動画を先生に診て貰っている最中に、本物の咳をして
「あぁ、はい、もう良いですよ~」
と……

で、結果。
やっぱりコチラの先生もケンネルコフの診断支持。

「心当たりは有りませんか?」
「いやー……特には……? 強いて言えば、海に飛び込んだり田んぼの水溜まりに飛び込んだり?」
「え!? 正月に海!?」
正確には年末……
「うーん…… (^_^;) いくら水が好きな犬とはいえ、今の時期に海に飛び込んじゃったら……仕方ないような……?」
えーーーーー!?

いやいやいやいや……

具合が悪くなった時に、実家の親からも
「海入って、たんぼ入って、それをまた外の水道なんかで洗うから、風邪ひいたんじゃないの!?」
と実は咎められ……
「寒さにも暑さにも強い、起原はウォータードッグな犬種だよ。しかも2~3歳って、一番元気な頃で体力有り余ってる大型犬なんだから、それっ位で風邪なんて……」
って、反論してたんですけど……

え!?
もしかして、私の所為ですか? (;゜ロ゜)//
↑外の水道で洗った張本人……



えーと、えーと…… (>_<)

それは一旦おいといてぇ!

取り敢えず、薬は変えてみて5日程様子見ましょう。
良い反応が出れば、2週間程で良くなるでしょう。
変わらない~悪化するなら、他の可能性も考えて検査の追加が必要になるかも。
という事で、

抗ヒスタミン剤:アタラックス2.5mg
咳止め:フスコデ
抗生物質:エリスロシン錠200mg
各1錠を1日2回


今日の所はインターフェロンの注射を1本打って、震える程びびってるのが気の毒だから、と診察台から早々に降ろして貰って、終了です。



ところで、ハチと ぼたん はペット保険を掛けてます。
アリスと姫の当時は、まだ年間の使用回数制限が有ったので、大したメリットなくて未加入。
回数制限が撤廃されたので、じゃぁ、とパンフレットを貰って来て検討中に姫が発症して加入出来なくなったので、今更アリスだけ掛けてもねぇ……で2匹共未加入で終わった。

ぶっちゃけ、医療費は、か~な~り~、しんどかった。
ペット保険のTVコマーシャルで、皮膚炎で12万を「どーしよ~(;。;)」ってのを見て、
「安いもんじゃん」
とか思ってしまう位。
医療費に対しては金銭感覚バカになってる自覚は、一応有る。
なにせ、2年9ヶ月で掛かった医療費はほぼ200万だもの。
(その間にアリスの医療費が加算……僧帽弁閉鎖不全症と、最後の子宮蓄膿症からの腹膜炎。最後の数ヶ月だけで、ざっと50万くらいかな)
そら、感覚もおかしくなろう……

で、一応、ハチには保険を掛けた。
取り敢えず、50%保証のコース。
ぼたん は、契約最初の1ヶ月は全額保証→50%保証(ハチに合わせて)のパピー専用契約。
それぞれの掛け金、26,000円(年間)前後。
今回のハチの件では既に約16,000円を保険で賄っていて、この後も2~3回は受診する事になるだろう。
おそらくは、ほぼチョンチョンになると思われる。
ぼたん の方も、迎えた初日の健康チェックでケンネルコフの診断付いて、約18,000円を初っぱなから保険負担して貰えた。

今の時点では赤字なわけだが(当然、使わずに済むに越した事はない、とは思う)それぞれの生涯で見たら、勿体ない物でもないかもしれない。
アリスの生涯振り返って計算してみると、元は取れそう……
繰り返すが、使わずに済む方が、ありがたいんだけどね!

というか、お願いだから、ハチも ぼたん も、健やかに、生涯穏やかに生きていって下さい <(_ _)>

元なんか取れなくたって、そんなんは結局大した問題じゃない。

病気の姿を見続けるのが、やっぱり1番辛い。
だから、どうか、健康な生涯を!



※入るも入らないも、飼い主の価値観です。
皆様、ご自身で、よーくご検討の上で、結論は出して下さい。




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[5回]

2013/12/20 (Fri)
探しまくって見付けた、ハチでも簡単には噛み破れないボール、その2♪

これはどちらかといえば、ぼたん や実家のジャック兄妹を意識してみた。

商品名、見たまんまの、エッグ ミニ。
因みに、スタンダードは、この倍のサイズ。



固いプラスチック製で、噛もうとしても、当たり方が悪いとハチの大口でもすっぽ抜ける。
(うまく噛めば、持ち上げられるのは流石だ…… (^_^;) )
軽くて固いので、か~な~り~転がる。
この卵型のおかげで、動きが変則的だし。

結構、夢中でおっかける (*´∀`*)





でも、実は、ぼたん は家の中では、このオモチャ、大嫌い。
壁に当たる音が大きくて怖いみたい。

ドッグランでだったら、ハチを追い払ってでも、エッグは渡さない!
骨を抱え込むのにも近い位の執念 ( ̄∇ ̄)

買って正解?



取り敢えず、当面は、ラン専用だな。



ところで、本日は、またまた夕方以降から雨だという予報だったので、雨の合間の今のうち! と、大急ぎでやって来た、いつものラン。
雨が降ると閉じこもりになっちゃうから、と、同様にやって来ていたお友達もちらほら。

ぼたん の尻に敷かれてしまって大人しいハチも、おかげさまでシッカリと、走らせて貰って来ました♪



あまり雨が続くと辛いねぇ……

……そろそろ年末だねぇ。
晴れていればハチと ぼたん に逃げ、雨が降れば洗い物が乾かない、と逃げ……
現実逃避ばかりもしていられない日程だねぇ…… σ(^◇^;)


参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[7回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]