忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714
2015/09/13 (Sun)
真夏の間はお留守番だった、動物霊苑での月並法要。
やっと、犬達同伴が再開です。

常連さん達に「久しぶりねぇ」と構って貰って、ハチも ぼたん も大喜び。
亡くしたペットの為の法要に集まる方々なので、とても可愛がって下さって、犬達はかなりお気に入りのお出掛け先です。

もう少ししたら、恒例の焼きいも(ワンズの大好物)販売も始まるな (*´∀`*)



そして、法要後の更にお出掛け先は、今回は刈谷ハイウェイオアシス。

どうやら今夜はイベント開催予定らしい。
駐車場に入るだけで、ちょっと時間食った。
ら、浴衣着てる人が大勢。
看板見ると、郡上おどり下駄収め、と。
↓ 準備、追い込み中みたい。



涼しいし、天気も良いし、日本で3番目に入場者の多いテーマパークとして最近けっこう頻繁にTVにも出てる施設だからか、かつてない程の人混みで、ちょっとビックリ。
遊園地の方も、今日はすごい大盛況。
電車(ミニ汽車?)も大勢乗せて、走ってた。



散歩に来た私達は、岩が池へGO!
以前に来た時には、早々に陽が暮れたのもあって、半分で引き返してきちゃった池。
本日は、周回に挑戦!

一部市街地も通らなければ……なんだけど、一応、林の中に遊歩道も有った。



多分、需要は多くは無いっぽい。
看板等あったんだけど、ちょっと放置っぽい感じ。
ハチ&ぼたん はこういう環境大好きだけど……手入れ具合が、人の出入りが多そうには見えない。
あと、久しぶりの獲物だチャンスを逃すな、とばかりの蚊の猛襲が凄かった(゜Д゜;)

戻りも、市街地通ります。



が、時間帯は良かった♪
奇麗な夕焼け見れました\(^O^)/





この後、色々と買い物も行ったりするわけですが……

今回は、ここでちょっとだけ、プチごたごた?

高速道路のSA側に色んなお店が並んでいる。
フードコートやおみやげ等々。

因みに、わんこ用施設は、ちょっとした休憩所っぽいブース。
出入り口は完全解放なので放したりは無理だし、本当に小さなスペースだけど、水飲み場と脚を洗う位の水道場は、ちゃんと犬向け。

たくさん歩くので、水補給できるのは、素直に有り難い。
テラス席も多く用意されているので、ペット連れのお客さんはとても多い。
犬・猫はもちろん、すごい大きなオウムさん連れも見かけた。

とはいえ、店舗内には当然だが、連れては入れない。

ので買い物する時には、一人はワンズと外で待機。



私が買い物して戻ると……
父ちゃんが、なんか凄い不機嫌……?

……どした?

「ハチとぼたん、すっげー、我慢したぞ!」
「はい?」

小さな兄弟に襲撃されたらしいよ。

どうひいき目に見ても未就学児のお兄ちゃんが、まだせいぜい1歳くらいの弟(?)抱えて、わ~っとやってきて、断りも無くばしばしとハチを叩き始めたらしい。
「デカイ犬だって、こわくないぞー!」
だって。
で、
「噛んでみろー!」
って、抱えた弟つきだしたりとかしたらしい。

叩かないで、触るなら優しく撫でてあげて、って言ってもお構いなし。

「え~……って、親御さんは? すぐ目の前がもう高速SAの駐車場なんだから、そんな小さな子が子供だけで彷徨いてはいないでしょ?」
「そこの喫煙所で夫婦揃って暢気にたばこ吹かして知らん顔しとったわ! (`Д´)」

目の前で……自分の子供の何倍も有る大型犬をばしばし叩いてるのを放置できる親御さん、本当に居るんだ(゜Д゜;)
噛まれる、とかは危惧しなかったんだろうか……?

残念ながら、そういう御仁の思考は理解出来ませんが……
新たなお約束。

そういう困った時には、遠慮せずに逃げましょう。
こちらはいい年した大人で、携帯電話も持ってますので、別れた場所に居なければ何か有ったと察して待つなり電話するなり出来ますので。
万が一、から飼い犬を守るのが最優先事項です。



まぁ、それにしても、ハチはともかく、ぼたん もよく我慢できたねぇ。
本当に、成長したもんだ (*´∀`*)

生後7ヶ月までの売れ残りっ子だからね。
本来社会化期に学ぶべき、我慢や他者との付き合い方や噛み加減というものを、ウチに来た時にはまだ何も知らなかったからね。
社会化が全く出来てなかった犬だから、ちょっと嫌な事をされると、抵抗の手段として簡単に噛む。
しかも加減を知らないから、実は私達も何度も、流血する程に噛まれてきた。

少しずつ慣らしながら躾けて、そういった部分もかなり改善出来た、という実感は有るけど、まだ信用しきれないのが実態。

見知らぬお子さんに不条理に叩かれたんだとしても、噛んでしまえば、コチラが悪くなっちゃうからね。
(【民法718条】(動物の占有者等の責任)等々、法的な責任がちゃんと定められてます……)
何かの拍子に牙が当たるだけでも、ハチのサイズになれば騒ぎになりかねない。

触る側も触られる側も、どちらか一方でも行動の管理が出来ない場合は、逃げた方が無難、という事になっちゃうねぇ……

ハチも ぼたん も基本的に人間が大好きなので、優しく触って戴く分には、大喜びで大歓迎なんですけどね (^_^;)



あ、郡上踊りはとても奇麗でした(*´∀`*)




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
親が近くに来ないならあからさまに迷惑な様子で離れるのが良いね。大高にも出没するよ、ミニピン2匹連れたアホ夫婦。小さい子供もいるが、やっぱりこの子も怖いもの知らずで走ってくる。その勢いに押されたのか、ジャスは攻撃せずに顔をベローンと舐めたけど。普通なら噛みついてるレベル。気をつけてね。犬に我慢させると先良いことないから。
バンサー世話係 URL 2015/10/11(Sun)01:00:44 編集
Re:無題
そうなんです。
ハチは折角、パピーホームさん一家が人間大好き大好き♪に育ててくれた犬なので、そこは絶対に壊したくなくて。
ぼたんもやっとここまで慣らしたので、無駄に嫌な思いをさせたくない。
人を嫌う様な事は、本当に避けていきたいですね。

ジャスも、ベロ~ンは、きっと最大の譲歩だったんでしょうね。
みんな良い子o(^-^)
【2015/10/12 00:08】
無題
いやはや、ビックリの最近よく聞くモンスターペアレンツですね。
私も以前草スキーで、滑り降りる斜面を登りだした子供がいたので、危ないよって声かけしたら、怒られた事があるので、よく分かります。
なんで自分の子供でもないのに怒るのか、って言われたんですよ。訳分からん。
なので、最近はそういう親子とは極力関わらないようにしています。
しかも旦那だったら、すぐにキレるので、余計面倒な事になる。^m^

でも、ハチくんもぼたんちゃんもよく我慢しましたね。
その様子を想像しながら、泣けそうでした。
でも、ぼたんちゃんも噛んでた時期があるんですね。
丁度私が今日書いた記事がその事と関連してたので、ちょっと安心(しちゃダメなのは分かってるけど)しました。
たとえ理不尽な事されても、犬が悪くなるから、自分たちで守ってやらないといけませんね。
でも、本当にハチくんは賢いな~。
くーまま 2015/10/11(Sun)09:32:35 編集
Re:無題
注意しなければ、叱られるよりももっと悪い事が起こる危険が有るから、言うんですけどね?
こういう人って、どうしてか、マイナスの方にとりますね。
注意されてちょっと気まずい思いするのと、注意されずに起こってしまう大事故と、どちらがマシか……というのは思い至らないんでしょうね。

ぼたんは……
残念ながら噛みますよ(^_^;)
数ヶ月前にも流血沙汰~σ(^◇^;)
幼少期をショップ内でしか過ごしてないので、見る物聞く物、何もかもが知らない物で恐ろしく感じてしまうのが原因、と明らかなので対処の方向性は見付けやすいです。
【2015/10/12 00:18】



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[08/05 くーまま]
[07/05 ハチのパピーホームです]
[06/17 ふらりん]
[05/07 くーまま]
[04/10 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]