忍者ブログ
1年後の生存率が50%以下だという難病『免疫介在性(自己免疫性)溶血性貧血(IMHA)』に罹ってしまった姫

そんな愛犬の経過を中心に、日々のアレコレを綴り始めたのが切欠のブログです

現在は、介助犬候補だったキャリアチェンジ犬のハチと、売れ残り犬 ぼたん のドタバタ日常日誌です
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12
2016/05/28 (Sat)
例年ってまだ今の時期は普通に日中の散歩にも行けていた様な気がするけれど……
(毎年、奇麗な菖蒲やアジサイを背景に写真とってたりするもんね)
まだ5月なのに、気温が30℃を越える様な日が幾度か有ってビビリますね。
そうなってくると、日中の散歩は諦めて、晩ご飯の後でノ~ンビリと出掛けたりする我が家です。
トイレは家の中に設置してあるトイレで出来るので、散歩の時間は特に決めてないので、行ける時に行きます(*´∀`*)

で、先日の夜間の散歩の最中。



大きめのカメさんに遭遇。
最初は変わった物を見付けたぞ、と臭いを嗅ぎに飛んでったハチ……
もそっと動いたカメさんにビビって、この写真を撮る頃には、母ちゃんの後ろに隠れてオロオロと様子を伺っておりました……
おいっΣ(゜Д゜;)

さて、そんな中での、ある意味貴重な曇天・週末(休日)という条件の揃った本日。
なるべく涼しいウチに、咲き始めた菖蒲を写真に収めに行くぞ~!



咲き始めで、全体的には寂しい感じですけど、枯れた花がまだ無いのでアップで写真を撮るには良い感じ。



写真写り的には晴れてる方が鮮やかで奇麗だけど、暑くなるのは辛いなぁ……
(^_^;)
お付き合い戴いたワンズには……ご褒美のドッグラン遊び~♪

父ちゃんが一眼レフで撮った写真をチェックして、笑った。
コーギーの特徴的な動きが、バッチリ撮れてた。
走る時の、この背筋の動きとか。



(しかも、これだけ体を縮めて、前足と後足が交差しない)



そーりゃぁ、もう、コーギーの “フライングドッグ” 写真の撮りやすいこと(笑´∀`)



(これだけ力イッパイ前足伸ばしてるのに、鼻先にも届かない(笑´∀`))

因みにこちらはカーブ時。
バイクで言う所の、ハングオンっぽい。



これはまだ随分スピード落としてるので大した傾斜じゃないけど、コギさん達は重心低いので、かなりの傾斜までずっこけずにいける。
なので、あまりスピード落とす必要がなく、素晴らしく小回りが効く。

これ、ハチがやると、こける(笑´∀`)

車に例えれば、スーパーカーと2階建観光バス。
そんなハチと ぼたん の歩幅の差は、こんなんだ(笑´∀`)



次に楽しみなのはアジサイだね。




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[5回]

PR
2016/05/22 (Sun)
21日、今年も行って参りました、介助犬フェスタ。
ゆるキャラさんと、記念撮影(笑´∀`)



主催の介助犬協会は、ハチの出身地。
介助犬の候補犬として生まれて、大勢に大切に育てて貰った犬。
生憎と、介助犬には向かないね、と判断されてキャリアチェンジ犬として、我が家にやってきた。
イベントでは、大好きなスタッフさんも忙しい合間でカイグリカイグリしてくれるし。
お客さんで来ているたくさんのワンコさんは勿論、協会出身犬仲間もたくさん(@^▽^@)



↑ 今年は、協会出身犬は目印にこの青いバンダナが貸し出されてて、と~っても分かりやすかった(@^▽^@)
(ぼたん から順に、ハチ、カイザーくん)

イベント中、色んな催しが有って、今年は私はアロマのワークショップに参加して、犬にもお子さんにも優しいアロマスプレー作りをしてきましたよ(@^▽^@)
その間は、父ちゃんが一人で、ハチと ぼたん を引き受けてお留守番。



色んな人に声掛けてもらって退屈はせずに済んだそうで。
ハチも大勢に構って貰えて、こちらも退屈せずに済んだ様で(o゜▽゜)o
協会出身犬はじめ、大型犬がた~くさん居る会場だったせいかな?
ぼたん にはあまり注目が行かなかった様で、ハチを構ってて、「あれ、この子も一緒に?」ってな反応が多かったらしいσ(^◇^;)

因みに、ワークショップは、ハチの兄弟犬のヘンリーくん(キャリアチェンジ犬)のママさんとご一緒しました(*´∀`*)

↓ ヘンリーくん



↓ ハチ



よく似てるでしょ?
大きさも、ハチの方が少しだけ大きい位で、似たり寄ったり。



男の子は大きい兄弟なんです。
女の子は、小さめ。
お母さんも小さめだったもんね。(でも、よくも産んだり、ハチは9匹兄弟です)
で、姉妹犬のハーミーちゃんとも、再会を果たしてきた。



何故か、ど真ん中に ぼたん が陣取ってますが……(笑´∀`)
これまた、よく似てるでしょ?

ハーミーちゃんは、PR犬というお仕事をしてます。
啓発イベントなんかで、お客さんの前で、介助犬というのがどういうお仕事をしているのかをデモンストレーションで発表したりする役目の犬です。

冷蔵庫から飲み物を取り出して届けて
「はいどーぞ♪」



「上手に出来たでしょ?」



頑張ってるね(*´∀`*)



さてさて、この会場で、こぎっちの仲間とも遭遇出来たよ♪
こぎっちくらぶのオフ会でよくご一緒する、さみゅえる☆ほちこちゃん!
「みんなのドッグショー」というコーナーで、登場です!



ほちこちゃんも頑張ってたね~(o゜▽゜)o
7月のこぎっちくらぶでまた会いましょうね~

5月にしては異常な程に暑い1日だったけれど、とっても楽しかったね(*´∀`*)
満足しきった、ハチ&ぼたん





去年の今頃は、父ちゃんが脳梗塞で入院中だったけど、今年は無事に全員で遊びに行けて良かった良かった♪




参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[8回]

2016/05/15 (Sun)
冬に有ったイベント、わんにゃんドームで、アエラホームの看板犬コンテストなるものに応募していた。
会場でスマホで撮影したの写真で応募して、モデルハウス見学に訪れた人やHP見た人の投票で、という形式。

それの表彰式が行われるというので、行って参りました。
あ、ウチの子達は入選もしてません(笑´∀`)

まぁ、ラブとコギって、一般的に「きゃ~、かわい~」とか逆に「すげー、かっこいー」って感じに華の有る犬種では無いしね。
でもでも、写真じゃなくて生ハチ(笑)が歩いてると、それなりに目立つらしい。
「え、ラブってこんなに大きかったっけ?」
とか、それ故に「何犬ですか?」ってよく訊かれる(笑´∀`)
「土佐犬ですか?」とか「マスティフですか?」なんて声掛けられた事も有る。
(そこまでデカクはないよσ(^◇^;))
因みに、JKCでのラブの理想体高、雄56~57cmとなってますが、ハチは体高65cm有るので、確かにラブとしちゃ、かなりデカイからビックリするみたい(笑´∀`)

ので、今日もたくさんナデナデしてもらってきました。

何事も経験だ、と、取り敢えず行ってみる!
てな軽いノリで、行ってみた表彰式会場はモデルハウスです。
あまりに普通に素敵なモデルハウスで、
「え、これ、大型犬入れて大丈夫なの?」
ってスタッフさんに確認しに行った。
(ゴールデンちゃん連れの方も、ワンコを車に残して確認しに来てた(^_^;))

因みに会場はモデルハウス内のリビングです。
入ってみると、人とワンコさんでいっぱいでした(゜д゜)
見事に小型犬ばっかでしたけど。



ハチはともかく、心配していた ぼたん も、この結構な密集空間でちゃんと大人しくしていられた。
売れ残って外の世界を全く知らずにウチに来て、見る物聞く物全てにビビってしまっていた子だったけど、ちゃんと成長しとります(*´∀`*)



入賞者発表やら何やらで、人も犬もわちゃわちゃ動いて拍手なども起こる中でも、この通り。





以前はちっともじっとしてくれなくて上手く写真撮れなかったけど、モデル犬も、ちょっと様になってきたよ! \(^O^)/



(ハチは、さすがに担げない……ので、こんな形で……(^_^;))
はい、表彰式で一宮まで行ってたので、ついでに清洲城に寄ってみました!(@^▽^@)
「清洲城、信長」
ってCMでお馴染みの、あの清洲城です。



大した大きさではないんですけどね。
散策する場所も、そうは多くないんですけどね。



でも、初めての場所を探検するのは、とっても楽しいみたいで、ハチも ぼたん も、ウキウキるんるん、超ご機嫌であちこち歩き回ってきたよ(@^▽^@)
(近くにキリンビールの名古屋工場が有って、そこの工場見学には何度か行っていて、清洲城にも私達は足を運んだ事が有ったけど、犬達連れて来たのは初めて)



信長さんの銅像も見てきました。



楽しかったね、次はどこへ行こうかね~?




今年も遊びに行きます、介助犬フェスタ。
アロマで虫除け作成実習も参加します!(o゜▽゜)o

見る、知る、感じる、そして楽しむ!介助犬フェスタ2016

参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[4回]

2016/05/01 (Sun)
今日から5月。
まだ……
なのに、ウェザーニュースの情報によると、本日の最高気温は27℃!
気温は完全に夏だ(*゜ロ゜)
雲一つない晴天だ!

こんな日は、海だ♪



実家の犬の海ちゃんではなく、本物の海ね(*´∀`*)
一昨年までは、起原はウォータードッグな筈の、指の間には水掻き状の膜まで持ってる筈の、ラブラドールのくせしてカナヅチ……だった、ハチ!
昨年の内にどうにか泳げる様になったものの、何故か行きは相変わらず泳いでるのか溺れてるのか悩む程にドッタンバッタン水しぶき上げてたのが……

いよいよ今年は、更に上達しました!
行きも!



帰りも!



普通にスイスイ泳いでるよ!

無事、カナヅチ返上!

海遊びが楽しくて仕方ない♪♪♪
でも、適当な流木投げて持って帰ってくる遊びですが……



折角持って帰ってきても、必ずメス軍団に取られちゃうのは、相変わらずですσ(^◇^;)



女の子には頭が上がらない。
でもでも、そんなハチだけど、オス同士な陸には容赦無い(^_^;)

 

陸が頑張って取ってきたのは、



ハチ、襲って横取り……



いちいち沈められる陸が、あまりに気の毒だぞ、ハチよ……(;゜ロ゜)
あ、こんなでも、とっても仲良しですよ~(笑´∀`)




今年も開催されます、介助犬フェスタ。

見る、知る、感じる、そして楽しむ!介助犬フェスタ2016
参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[5回]

2016/04/30 (Sat)
心配されていたお天気も何とか持って……というか、基本薄曇り程度で、比較的穏やかで時折陽も射す、なかなかにオフ会日和だったのではないでしょうか、の4月最初の日曜日。
先代・姫の闘病仲間が集合しました。
(集合早々にオヤツに群がる犬達。奇跡的に全員の顔が入った!)



この2匹が、この日会いたかった子達。
シェルティーのフラン君と、ジャックラッセルテリアのアルテ君。

 

サラッサラの被毛を靡かせて走る姿の美しい美男子フラン君。



最近、目の手術を乗り越えたばかりだけど、ジャックらしい逞しさいっぱいなアルテ君。



2匹共、順風満帆、とはいきません。
最近の研究で、この子達の病気、免疫介在性溶血性貧血 (英: immune-mediated hemolytic anemia: IMHA、又は自己免疫性溶血性貧血(autoimmune hemolytic anemia: AIHA))というのは、遺伝的な素因も有る、と言われています。
まだ具体的な事は不明なままだけど、免疫応答系と遺伝的素因に環境要因(ホルモンバランス等々)が合わさるのを切欠に発症するのでは、と。
(人間用ですが 難病情報センター 参照)
因みに同じく自己免疫による病気であるリウマチの人間での発症率は人種に無関係に全人口の0.5%~1%程度なのに対し、一卵性双生児で片方が発症した場合のもう片方の発症率は10%にまで跳ね上がるそうです。

アルテ君の兄弟犬も、同じ病気を発症して亡くなりました。
(他にも血縁関係の有るワンコさん同士で同病を発症しているケースが複数確認出来ている)

生まれつき、どっかやっぱり弱いんでしょうね。
姫もそうだった様に、フラン君もアルテ君も、免疫介在性溶血性貧血意外の病気にもたびたび悩まされてます。
そういうのも含めての闘病生活。
まめまめしく体中をチェックして、短い周期で続く病院通い。
(姫は闘病期間2年9ヶ月で、血液検査回数94回。通院は平均で週1ペースでした)
物理的な負担も当然有るし、不安や恐怖という心理的な負担も有る。
でも、周囲には理解も共感もなかなかしてもらえない。
「たかが犬でしょ」
は、まぁ、割と普通の反応。
中には
「治療は飼い主のエゴだ。安楽死させて次の犬を飼え」
などと叱責までされた、なんておっしゃる飼い主さんも居る。
そういう実体験が有ると、自分に閉じこもりがちになっちゃうんですよね。
ますます鬱々と独りで悩んで不安になって、と悪循環で、これが実はかなりキツイ。

そういう不安や苦労を、吐き出し合える理解し合える、っていうだけでも気持ちが楽になる。
最初に病名を聞かされた時に「何の呪文だ!?」という感想しか持てなかった様な、知名度の低い病気なもんだから、実体験からの生きた情報の交換ってのも、物凄く、助かる。


と、いうご大層な名目も有ったり無かったり……?
でも単純に、仲間達の明るい笑顔が見れたら幸せ、みたいな(*´∀`*)

たとえばフラン君。



めっちゃ真剣な顔して見つめている先は……

オヤツでした~



で、この幸せ笑顔。



目敏くそれを見ていたアルテ君も速攻でやってくる。



こういう当たり前に普通な姿が、嬉しかったりする。


ところで……
全員ノーリードで頑張って挑戦した奇跡の集合写真!



いや、メチャクチャ苦労してまんがな!
って痕跡だらけですが……

足の間から失礼します、なシェルティーから順番に、フラン君。
その弟分、フラン君への献血を頑張った経験の有るマロン君。
姫への献血経験有りの、うちのハチ。
闘病仲間だった姫から代替わりした、ヤンチャ娘のぼたん。
アルテ君の弟のクルーガ君。
そして闘病生活の一番長いアルテ君。

ハチからクルーガ君の3匹が、若造トリオです。
特に ぼたん とクルーガ君は年齢もサイズも近いから、実に良い遊び相手。



時々ハチ、乱入(*´∀`*)

因みに、第二東名開通のお陰か、東名利用して渋滞無しな、実に快適な日帰りプチ旅行になりました\(^O^)/




今年も開催されます、介助犬フェスタ。

見る、知る、感じる、そして楽しむ!介助犬フェスタ2016

参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
↑応援の『ポチ』をお願い致します<(_ _)>↓

拍手[3回]

<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ プロフィール ■
HN:
風間
性別:
女性
自己紹介:

ハチ(オス)
ラブラドール・レトリーバー
2011年7月3日生まれ
介助犬候補として生まれるも、身体的な理由でキャリアチェンジ
2012年11月10日に我が家にやって来た
大柄だが不器用でビビリな優しい子


ぼたん(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2013年3月22日生まれ
生後7ヶ月までペットショップで売れ残っていた
オヤツの為なら体格差4倍近いハチ兄ちゃんも蹴散らす食欲魔神なヤンチャ姫


★実家の犬達★

陸&海
実家のジャック・ラッセル・テリア兄妹
暴君と女帝の呼び名を冠する最強コンビ


★お星様になった先輩犬★

アリス(メス)
ラブラドール・レトリーバー
2000年11月5日生まれ
2012年9月29日没
地震も雷もへっちゃらでヘソ天で寝ていられる程、いつでもどこでも泰然と構え(すぎ……(^_^;))ていたマイペースっ子


姫(メス)
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2001年7月13日生まれ
2013年10月9日没
2011年1月に『自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血(IMHA)』と診断を受けて2年9ヶ月に亘って闘病を続け生き抜いてくれた 『転げまわる婆』 な、お転婆老犬
■ カレンダー ■
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ ブログ内検索 ■
■ フリーエリア ■
■ 最新コメント ■
[04/10 ふらりん]
[03/31 くーまま]
[03/23 ふらりん]
[03/13 くーまま]
[02/21 ふらりん]
■ 最新トラックバック ■
■ P R ■
■ アクセス解析 ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]